ダッチオーブンを買うぜ

いやもう、キャンプに行ってこれ程便利なものも無いわけで。

キャンプをやるなら、コレだ。

キャンプで使う調理器具
飯盒(はんごう)

え?ダッチオーブンじゃ無いか?って。

いやもう、飯盒でしょう。

飯盒(はんごう)の何が良いか?というと、そりゃ、飯が炊けることである。

日本人なら米を食おうぜ!


さておき、飯盒を買うと、大抵が4合炊きのもので、偶に5号のヤツを見かける。

でも、これ以上炊こうと思うと、大きなヤツを選ばなければならない。そう、普通のお鍋である。

なお、このライスクッカーなるお鍋は3合までしか炊けないが、普通の丸鍋でもご飯は炊けるのである。

ダッチオーブンの良いところ

で、ダッチオーブンである。

カレーを作るにせよ、肉を焼くにせよ、ピラフを作るにせよ。とにかく何でもござれの万能調理器である。

まあ、タダの鍋なんだけどね。

大きさは8インチ、10インチ、12インチと 色々なラインナップがあるのだが、標準的な大きさと言われる10インチで5Lくらい。ご飯にして7合くらいまでは炊ける。

何でもござれというのは、非常に便利なのだけれど……、例えばダッチオーブンでご飯を炊くとするじゃない?そうすると、メインディッシュは一体何で作るの?ってな話になっちゃう。

そんな訳で、最初に飯盒を紹介した次第。


でもまあ、とにかく何でもござれなのがダッチオーブンなのだ。

色々なところからダッチオーブンが出ているが、何処のが良いんだろうね?

評判が高いのが、こちら。

ステンレス製で錆びにくいことと、良くあるタイプの鋳鉄製のものだと、シーズニングと呼ばれる、使用前に行う儀式が必要なのだけれど、ステンレス製だとコレが不要になる。更に、変形しにくいなんて言うメリットもあるので、評価が高いんだよね。価格も高いけど。

で、まあ、個人的には鉄製のもので十分だと思う。

んでまあ、ロゴスかコールマンでも良いのかなと。

黒皮鉄板を使ったタイプのユニフレームのヤツもなかなかいいのだが、コレもちょっと高いね。

ものによってはIHに対応しているので、好きなものを選んで欲しい。

sumi-kotsu

こんな感じで、豪快に炭を載せて蒸し焼きにするなんて料理もなかなかオツなものである。


拘りを持って、スノーピークなどのアイテムを買うのも一興だろうが、別に安い奴でも料理はできるのだ。

また購入したらご紹介したい。



ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ

コメント



このブログの人気の投稿

エーハイム2213の呼び水、ホースを口で吸うのが嫌な人の為に

ハンドブレンダーをオススメ(改定版)