投稿

4月, 2018の投稿を表示しています

たけのこを頂いたので、アク抜きをやって食べた話

イメージ
たけのこシーズン到来!
あっちにもこっちにもたけのこが生えていて、そろそろ硬くなる時期でもある。

イマドキは、たけのこの水煮も売られているので、わざわざ採りに行く人はそれ程多くは無いのかもしれない。勝手に山に入って山菜を採るのも色々と五月蠅いしね。
堀永殖産 九州産 筍水煮スライス 250g
posted with カエレバ 堀永殖産 Amazon 楽天市場 Yahooショッピング 7net ただ、機会があったら是非、たけのこを掘りに行って欲しい。
旬の物を戴く、これ程贅沢なことはない。そして、たけのこは簡単に掘れるのだ。

【マイホーム特集】給排水経路の話

イメージ
さてさて、先日書いた「外構の話」の最後の所に書いた話、少々書き足りない部分があるので、給排水経路の話に絞って説明をしていきたいと思う。

実は、お恥ずかしい話、僕が家を建てる段階ではこういう知識は無かったんだな。
でも、多分、その頃から既に考え方自体はあったのだと思う。給水ヘッダーの方は採用していたしね。外構を考える上では、この話を知っていると得する事もあると思うから、心して聞くように。(笑)

【マイホーム特集】外構の話

イメージ
外構って何?ってな話からスタートしなければならないかも知れないんだけど、意外に軽視されている気はするんだよね。
ただ、基礎の話をやった以上は、外構の話をしておく必要があると思うんだ。

外構ってのは、門扉や車庫、カーポート、柵や塀、庭や庭に置く構造物なんかのことをひっくるめて指す言葉なんだな。要は、家より外の構造物全般を含む広い概念なんだ。エクステリア、とも呼ばれるね。

【マイホーム特集】家の基礎の話

イメージ
いきなり地味な所から行こうと思う。
今回は「基礎」の話。

「基礎」とは言わば家の土台になる部分である。この部分はしっかり理解しておかないと後からやり直しが効かない。だから、勉強しておくべき所だね。

入学式シーズンに便利なスリッパ

イメージ
案外、学校に行くときに困るのが「スリッパ」である。
え?何故、スリッパ?と、行ったことが無い方はそう思うのだろうけれど、行くときは絶対欲しいのがスリッパである。一応、学校側も用意はしてくれているのだけれど、足りる保証は無いし。
お受験携帯スリッパ 黒無地・薔薇刺繍入りポーチ
posted with カエレバ Amazon 楽天市場 Yahooショッピング 7net 【かかと付き】Lサイズ二つ折携帯用スリッパ【黒】男性用・女性用Lサイズ  学校用・旅行用
posted with カエレバ Amazon 楽天市場 Yahooショッピング 7net 特に女性や子供などは、この手の携帯用スリッパがあると便利である。

男性用は……、あるっちゃーあるんだけど(苦笑
PETTCOCO 二つ折携帯用スリッパ 男性用・女性用Lサイズ (L, ブラック)
posted with カエレバ Amazon 楽天市場 Yahooショッピング 7net

【マイホーム特集】家を建てる前に その5

イメージ
ついにその5まで来てしまった。最初は3つに分けるつもりだったんだけど、色々手直ししていたら膨らんじゃったんだよね。【マイホーム特集】家を建てる前に その1家を建てるとランニングコストがかかる家を建てるには勉強が必要だ家を建てるときの常識は、頻繁に変わる素人の意見は参考にするだけに【マイホーム特集】家を建てる前に その2間取りを考えるときは「やりたいこと」を絞ろう住宅展示場に遊びに行ってみよう、でも参考にしちゃダメ土地に目星を付けよう【マイホーム特集】家を建てる前に その3 住宅展示場の間取りは参考ならない土地を探すときにも「やりたいこと」を前提にお金を借りる準備が必要【マイホーム特集】家を建てる前に その4用意出来る金額を調べよう!土地と建物にかけられる費用は1:2登記費用など、必要経費は最初から計上しておこうこれまでの記事へのリンクと内容のまとめについて紹介しておこう。
で、それを前提に今回の話をしていきたい。
内覧会を回ろう 土地に目処が付いたら内覧会に行こう 住宅展示場の間取りがアテにならない話は第3回の時にしたが、自分が使える予算を確認した上で、土地に目処が付き、どれくらいの広さの土地に家を建てられるのか、ということが分かったら、内覧会巡りをしよう。

内覧会とは、住宅メーカーが、建売住宅を販売するにあたって行う展示会のことで、実際に建てた家の中に入る貴重な機会と言える。お友達がいれば、実際に家の中を紹介して貰って色々見て回るのも良いが、気兼ねなく、家の隅々まで見て回る為には、内覧会に行った方が良い。
内覧会を行っているメーカーは2つのタイプに分かれる。1つは、注文住宅を作って販売するメーカーが、施主(家を作ってと注文した人)の了解を得た上で、行う内覧会。もう1つは、建て売りメーカーが、作った住宅を売る為に行う内覧会である。
注文住宅よりも建て売りメーカーの内覧会を重視しようそして、注文住宅のようなカスタマイズバリバリの家を見るよりも、住宅メーカーが作った「ある程度、一般受けする家」というのが参考になる。これは、住宅メーカーが建て売りの目的手作った住宅は、手を抜くところ、力を入れるところ、がハッキリ分かるからだ。彼らは、如何に安く住宅を作り、ユーザーに供給するか?を考えるので、似たような家を幾つも建てている一方で、効率を重視した間取りや、材料取りをする。無駄が少…