一眼レフカメラが欲しい

さて、先代一眼レフカメラを壊してしまった話は前回までに書いた。

そして、幾らスマホが良くなろうとも、流石に一眼レフカメラの代わりにはならないって話も前回までに書いたんだよね。

 

スマホ用のレンズ

ちょっと話は脱線するけど、スマホのカメラに取り付けるレンズがあるのはご存じだろうか?

こんな奴だけど、オモチャとしてはアリだ。

クリップ式なので着脱は直ぐ出来るし、想像した以上に撮影の幅が広がって面白い。持ってて面白いアイテムである事は間違い無い。

前の記事でも書いたけれど、スマホの弱点の1つであるレンズがこんなカタチで補えるので、面白いのだが、まあ、面白い止まりの製品だった。

 

ミラーレスか一眼レフか

最近は価格帯も落ち着いてきたミラーレスだが、一眼レフと一番何が違うのか?というと、ミラーのアリ無しである。

 

021

 

簡単に言うとそれだけの話なのだ。

このミラーは、何に関係してくるかというと、ファインダーと呼ばれるのぞき込む窓のアリ無しに関係する。

なお、電子ビューファインダーと呼ばれるアイテムをミラーレス機に取り付ければ(専用品なので、それぞれのミラーレス機にあったファインダーを取り付ける必要がある)、この点も解消される。

 

この手のビューファインダーの利点は、屋外での撮影で効果を発揮することである。液晶画面だと、屋外の撮影で少々見づらいなんてことも結構あるのだ。

まあ、こんなアイテムもあるので、リーズナブルに抑えたい場合は一考の余地はある。

 

後は、カメラの資産である「レンズ」が活用できるかはかなり大きなウェイトを占める話だと思う。レンズを替えなければ一眼レフに拘る理由はほぼ無くなるというくらい、レンズの存在意義は大きい。

ただ、個人的にはレンズは3本しか持っていないので、そこまで拘らないというのが本音なんだよねぇ……。

そして、レンズに拘らないのであれば、そもそもキヤノンのカメラに拘る必要すら無いという……。

 

結局、軽さを求めるか、画質を求めるかという話になってきている。手軽に綺麗な写真を!ということであればミラーレスを選ぶべきだろう。

一眼レフを選ぶメリットは、やっぱりレンズなんだろうね……。

 

中級機が欲しい

そして、初心者用の一眼レフは、ほぼミラーレス機との差別化が図れない状況になってきていることを考えれば、中級機に手を出すか?という世界になってきている。

え?70Dは中級機じゃ無い?

いやまあ、そうなんだけれども。

どのあたりが一番良いか?というのはなかなか難しいのだが、EOS KissX9あたりは既に中級機の実力があると言われている。

レベルアップさせた一眼レフに手を出すか?

 

悩ましい。


ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ

コメント





このブログの人気の投稿

ハンドブレンダーをオススメ

エーハイム2213、呼び水でホースを口で吸うのが嫌な人の為に