スマホは一眼レフの代わりになるのか?

うん、無理
便利ではあるんだけど、コンデジやスマホじゃ代用できない世界なんだよね、一眼レフって。
コンデジとスマホの棲み分け
デジタルカメラの一番のキモは何だろうか?実は、撮像素子(センサー)の大きさ、性能なのである。

僕が持っているデジタル一眼レフカメラ「デジイチ」のEOS Kiss X2は有効画素数1220万画素のCMOSセンサーと「DEGIC III」と呼ばれる映像エンジンを搭載していた。登場から随分経つので随分旧式のシロモノであるが。

対して、スマホでは米粒ほどの撮像素子を用意しているが、例えばXperia XZsでは有効画素数約1920万画素。つまり撮像素子の画素数だけで言えばX2のそれを凌駕している。更に専用のGPUも積んでいるので、かなり綺麗な写真を撮ることが可能だ。

しかし撮像素子である「CMOSセンサー」は大きさがモノを言うセンサーである。有効画素数が増えても画像がキレイになるとは限らない。実際に、XZsではX2の画像を上回ることは難しい。

撮像素子の大きさこそ、撮像素子の受光面積こそがモノを言うのでアリ、画素数だけ凌駕したところで、画質が上がるとは限らないのである。

早い話、撮像素子は、受光面積が広い方が画質的に有利になるのだ。

そんな訳で、コンデジでもこの話は通用する。スマホよりもコンデジなのだ。
この1.0型センサーを搭載するこのコンデジも、カメラを写すことに特化しているだけあって、その画質はスマホとは比べるべくもない。

レンズの性能にしろ、撮影の早さにしろ、絵作りにしろ、いちいちスマホの上を行く。
ただ、携帯性や防水などを考えると、スマホの方が使い勝手が良いのも事実。手軽さを考えればスマホの方が断然有利である。
だから、今の時代にわざわざコンデジを買うのか?と言われると、コレが悩みどころである。

撮影を楽しみたいのであれば、コンデジという選択肢はアリだけどね。

コンデジを選ぶならミラーレス機も選択肢
で、ここでコンデジの更に上を行く機能を持っているのが、近年登場したミラーレス機だ。
位置づけとしては、レンズ交換可能なコンデジ、と言う認識で良いと思う。
が、コンデジよりも筐体が大型になるので、CMOSセンサーもやっぱり大きくなる。紹介しているのはCanonのM10だが、CanonのM6であれば撮像素子はAPS-Cで、デジイチと同等。有効画素数は2420万画素である(M10は1800万画素)。

え?画素数が少ない方が受光面積が……って?まあ、そうなのだけれど、そこはきっちり棲み分けがなされている。M10の方が随分小振りにも関わらず、同じ大きさのAPS-Cを搭載している分、若干不利な面があるのだ。画像エンジンも違うしね。

そして、CanonのM6を買うのであれば、実は型落ちのデジイチに手が届いてしまう。EOS Kiss X8iが似たような値段で買えるのである。大きさ的にはM6の方がコンパクトだが、性能で言うと、どちらが良いんだろうね。なお、M5の方が更に高性能なのだが、どちらが良いかは悩むな。

そしてやっぱりデジイチ
いまや、ミラーレス機の性能が大幅に向上してしまったものの、やはりデジイチの性能には目を見張るものが。

KissシリーズはいよいよX9の時代に突入したけれども、新たに9000Dという入門機と中級機の間に位置するようなモノが登場した。
もはや、中級機となる80Dに迫る勢いのお値段だが、70Dも捨てがたい……。え?キャノンばかりだ?だって、レンズが(苦笑

いや、上を見たらキリが無いんだけど、どこらあたりで妥協するかがポイントになる。お値段も中級機以降はかなり高くなるので、僕にはちょっとハードルが高い。


とはいえ、手軽に持ち運べるスマホでこれらの代用になるかというと、写真を撮りたいときにいつでも撮影出来るという気安さがスマホには無い。ソフトを立ち上げ、画面をタッチして撮影となると、どうしてもワンクッション必要となる。そこがキビシイ。

写真を撮ることを前提ならば、ミラーレス機か一眼レフというあたりまでを検討すべきなんだと思う。これはもう使ってみないと分からない世界なんだけどね。

ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ

コメント





このブログの人気の投稿

ハンドブレンダーをオススメ

エーハイム2213、呼び水でホースを口で吸うのが嫌な人の為に