Anker SoundCoreスピーカーを買った

Amazonでも人気のスピーカー、Anker SoundCore。
以前からBluetoothスピーカーが欲しいと思っていたので、いろいろ迷った挙げ句、これにしてみた。
Bluetoothスピーカーに音質を求めるのか?
最初に書いておかねばなるまい。
スピーカーに拘る方は、この手のスピーカーを買ってはいけないと思う。「持ち出し可能」という点でも「Bluetooth接続」という点でも、音質を求めるには条件が厳しいのである。

実際、Amazonのコメントも厳し目の意見が並んでいるが、拘る人はとっても拘るのが、「音」なので、スピーカーマニアみたいな人にとっては物足りないってことにはなってしまうと思う。
Bluethoothのイヤホン
今使っている、Bluetooth対応製品と言えば、こちら。
高音質を謳うこのQY19というイヤホンである。僕は通勤時に毎日愛用しているが、音質という意味ではかなりショボイ。

音飛びはそこそこの頻度で出るし、高音より低音の方が得意な印象のイヤホンで、音がクリア、という感じでは無い。高音がシャリシャリする。イヤホンの形状の問題もあって、風切り音が聞こえる。

とまあ、音に関して言えば、それほど大きな期待をすべきでは無いんだけど、そもそもBruetoothイヤホンの目的は身体を動かしながら使う、って辺りに設定されている。
外でも手軽に聞きたい人向けなのだ。そういう分野には十分な性能だとは思う。

もうちょっとこだわりたい人にはヘッドフォンをオススメしておこう。
Bluetooth対応のスピーカー
そんな訳で、スピーカーに関しても「外に気軽に持ち出せる」という点を考慮すると、音質への拘りはある程度犠牲になってしまうのは覚悟した方が良い。

その上でいくつかの候補に絞って考えてみたい。

先ずはBOSEの商品である。

BOSEは言わずと知れたスピーカーメーカーで、音質にも定評がある。Bluetoothスピーカーも積極的に商品展開していて、いろいろな価格帯で勝負をしている点もスバラシイ。

ポータブルで、バッグに入る程度の大きさ。かつ、持ち運びのできる重さ。

こちらはminiバージョンで少々小型だ。

どちらも音質はBOSEが保障するだけあって好評ではあるが、価格もそれなりのお値段なのだ。
最初から手を出すには少々ハードルが高い、僕にとっては、だが。

その点、ANKERのスピーカーはコストパフォーマンスは高い。
1万円以下でトライできるのは、素晴らしいと思うよ。

この辺りは20Wのスピーカーと言うことでそれなりに鳴るようだが、重さと大きさのバランスを考えると、今ひとつという印象。気軽に持ち歩くにはちょっとだけ重いのである。

その辺りの兼ね合いで、入門機としてAnkerのSoundCoreをチョイスした。

ちなみに、外見そっくりの2代目、SoundCore 2があるので、僕はどちらかというとそちらをオススメしたい。

でも、僕は迷った挙げ句ちょっと安く設定されている初代の方を買ったけれど……。

レビュー
AnkerのSoundCoreは、デュアルドライバーで3W×2という貧相なスペック。そのおかげで重低音は殆ど期待できないレベル。

当初は、車内でも使えないかなー、等と考えていたけれど、流石に車内で使うなら10W以上は無いと厳しい気がする。ぐぬぬぬ……、1000円差でSoundCore2(6W+6W=12W)があるのに、何故僕はそちらを買わなかったorz

いやしかし、それならば7000円出してSoundCore Boostを買うべきのような……。ただ、SoundCore Boostは出力的に12時間連続再生と、再生時間が短くなっているのがネック。

そんなわけで、ただ、「音楽を持ち出したい」という層にはSoundCoreは割とうけるんじゃ無いかな、と感じた。

お手軽に聞ける優秀なスピーカーではあるし、Bluetoothスピーカーの気安さを最大限発揮する感じだと思う。
僕自身は……、後でもうちょっと出力の大きいヤツを買うかもしれないけどねー。

ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ

コメント





このブログの人気の投稿

ハンドブレンダーをオススメ

エーハイム2213、呼び水でホースを口で吸うのが嫌な人の為に