2017年上期、今狙い目のタブレットは?

数年間はNexus 7推しだったのだけれど、そろそろ2013年のタブレットではどうしても能力的に物足りない感じとなる。

タブレットの大きさやスペックはハッキリ言って使用用途によるとしか言いようが無い。

iPadはどうなの?

みんな大好きiPad。

8インチ程度の大きさのものを選ぶのであれば、iPad miniかな。

iPadが優れた製品である事は疑い様は無いし、ここまでの機能をこの価格手提供できることは素晴らしいと思う。

が、Androidユーザーとしては、iOSという選択肢を選ぶ理由はそれ程多くない。iPadは母艦との連携ありきで考えるべきで、マックユーザーであれば迷う理由はないのだろうが、WindowsユーザーでAndroid使いの僕には、選択肢としてあげる理由はちょっと見つけづらい。

せめてiPhoneを使っていれば、選択肢としては十分考慮すべきと思うんだけどね。

 

我が家にあるArrowsTABとWindowsマシン、そしてXperiaとの連携をしにくいことを考えると、スタンドアローンのiPad miniに何を求めるのかって話になっちゃう。

じゃあ、Xperia Z3 tablet compactは?

連携という意味ではZ3のtablet compactがある。

連携としては、イチオシのこの機種だが、既に後続の機種が作られることは無いだろうと言われており、生産も終わってしまった。

Xperia Tabは、高性能であるが故に高価格という状況になっている。そして、ニーズがそれなりにあるのに生産終了してしまったことで、未だにその価格は落ちない。

 

高い次元でまとまった傑作機といえど、2014年登場のこの機種を今選ぶ理由は、それ程多くない。

今ならもっと高性能なタブレットが安価に手に入るのだから。

 

ASUS ZenPad

幾つか候補があるが、Nexus 7の製造元であるASUSは選択肢としてはありだろう。

高いコストパフォーマンスに加えて、デザイン性もそれなりである。

ただ、独特のUIは評価の分かれるポイントだし、メーカー対応などの拙さなども指摘されている。

また、作りは台湾メーカーということもあってか、少々心許ない部分があるのは事実。当たり外れがある事は覚悟すべきだろう。

 

NEC LAVIE Tab S TS508/FAM

国内メーカーでがんばっているのがNEC。

なお、NECの看板が掲げられているがその中身はlenovoである。PCベンダーとしてはもはや世界のトップメーカーといっても過言ではなく、開発力もずば抜けていると言える。

まあ、製品の作りはある程度覚悟すればそれなりに満足できるといった程度。多分NEC単独で作るよりもよっぽどまともな製品を提供する状況であると言えるだろう。

……ただ、その製品の製造精度や問題発生率は、それなりなので、そこは覚悟すべきだろう。NECの看板を背負っている分、日本国内でのフォローは安心な面もあるが。

 

Huawei MediaPad T2

さて、中華製を避けるという選択をしなければ、Huaweiを選ぶというのはある。

低コストでパフォーマンスに優れるという意味では、MediaPad T2もアリだ。……アリだが、消耗品として割り切るべきだろう。

 

何を選ぶのか?

さて、コスパなど色々な面を考えねばならないので、IPad miniやXperia Z3 tablet compactを選択肢から除外すると、ほぼ中華勢一色である。

 

まあ、製造コストを誤魔化して技術に多額の投資を出来る中華製が必ずしも悪い訳では無いのだが、やはり当たり外れが大きいのは避けられない。

その点を加味して一番安全策を選ぶのであれば Lavie Tab Sは選択肢としてはアリだし、安定性が高いと思われる。

 

……ただ、性能面で考えればZenPadがかなりオススメだ。

何がやりたいかを考えて選ぶべきなんだけどね。


ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ

コメント





このブログの人気の投稿

ハンドブレンダーをオススメ

エーハイム2213、呼び水でホースを口で吸うのが嫌な人の為に