2016年10月1日土曜日

ハンドブレンダーをオススメ

皆さんのキッチンではどのような調理器具が使われているだろうか?
今日オススメしたいのはこちら。
フードプロセッサーより手軽に使える「つぶす」「混ぜる」「きざむ」「砕く」が出来る調理器具だ。この手の商品だと、バーミックスが有名だね。ただ、値段は数倍違うけど。

バーミックスとハンドブレンダーでは出来ることが違う。その辺りを理解して購入するのが良いと思うよ。
注:以前書いた記事の情報が古くなったので、再構成してお届けしています。
フードプロセッサーの親戚
割と包丁1本で何でも出来まっせ!という人は少ないだろうし、極めれば包丁は非常に使い勝手が良い道具なんだけど、極めるまでが大変なんだよねー、素人には。

で、ミキサーやフードプロセッサーという道具が登場するワケなんだけど、この手の商品は洗うのが面倒。
で、お鍋に直接突っ込んで攪拌したい!という要望に応えたのがバーミックスだ。
流石に老舗の商品だけあって、パワーも申し分無いのだけれど、バーミックスさんは高い。
で、商品で手を出しやすい価格帯で似たような事ができるのがハンドブレンダー等の商品。バーミックスに比べて機能は限定されるけれど、入門機として購入するのはオススメである。


ハンドブレンダーって?

ハンドブレンダーは、ブラウンという電気シェーバーで有名なドイツ発祥企業が設計している商品である。後にP&Gが買収したそうだが。
電気シェーバーで有名、と言うことは即ち小型モーターに定評がある、ということで。ハンドブレンダーを使った感じも、やはり低騒音でしっかり潰せるという印象を受けた。

早速、レポートをかねてハンドブレンダーを紹介していこうと思う。

類似商品とハンドブレンダー
この手の商品だと、複数の候補があると思う。
  • バーミックス : ESGE社製、高コストだが高品質と高耐久性が魅力
  • ハンドブレンダー : Braun社製、アタッチメント交換が容易
  • スティックブレンダー : TESCOM社製、安価でステンレスシャフト
  • スティックミキサー : T-fal社製、先端保護機能で鍋底も安心
  • スマートスティック : Cuisinart社製、ステンレス製で多機能
  • マルチブレンダー : 貝印社製、台座が意外に便利
  • コードレスハンディブレンダー : BOSH社製、コードレスは便利
  • スマートブレンダー : TIGER社製、泡立て器のヘッドが2つ
  • チョッパー付ハンディーブレンダー : TWINBIRD社製

とまあ、思いつく限りではこんな感じだ。
日本製のものもあるのだが、和物は基本的にはあまりオススメは出来ない。残念だけどね。何れも本家バーミックスとハンドブレンダーのコピー商品で、ニッチな分野を狙ってはいるようだが、パッケージをきちんと調べて気に入ったものを探すといった感じが良さそうである。

選んだポイント
僕が選んだポイントは3つ。
  • 飛び散りにくい
  • ステンレスシャフトが使える
  • 「潰す」「混ぜる」の基本がしっかり出来るもの

ということである。
中にはスライサーやチョッパーといった用途にも使えるものもあるのだが、一台で多機能を狙うと、大抵どれかの機能がイマイチな事が多いので、欲張らない方針にした。

後は、評判を気にして選んだんだけど……、圧倒的にハンドブレンダーが有名だった。

もっと有名なバーミックスは高価だから手を出しにくい事を考えれば、これを選ぶしか無い!!
というわけで、入門機としてハンドブレンダーを選ぶに至った。

本当は、コードレスタイプを狙いたかったのだが、お値段が高いことと、コードレスの欠点として、使用頻度が低いと充電の手間があるので、今回は見送った。
コードレスなら、ブラウンとボッシュの一騎打ちになったと思う。

選ぶ際に注意したこと

僕が選んだ理由は上に書いた通りだが、選ぶ際には幾つか注意点があると思う。参考になれば幸いである。


<使用用途を考える>
ハッキリ言って、ハンドブレンダーやバーミックスにも得手不得手がある。多機能だから、といって選ぶのは止めた方が良い。
まず、一番得意な「混ぜる」「潰す」だが、これは少量の食材を対象にしている。
間違っても大量に作る事を前提にしてはいけない。だから、ソースを作ったり離乳食を作ったり、といった目的にはハンドブレンダーは非常に便利に使えるが、コロッケを作るのに大量の馬鈴薯を潰したり、栗きんとんを作るのに栗やサツマイモを潰したり、という目的にはあまり向いていない。
一人分のジュースを作る、なんて方法にも便利に使えるが、大量のジュースを作るならジューサーを使うべきだ。その方がお手軽で短時間に出来る。

割と重宝される機能に「スライス」「みじん切り」があるようだが、これらの機能はあまり多くを期待すべきではないだろう。家でも試して見たが、割と不均一になりやすいのだ。

「泡立てる」という機能を持ったものもあるようだが、ハンドミキサーに任せるべき作業だ。
試した感じ、確かに手でかき混ぜるよりは遥かに良いが、それでも専用機であるハンドミキサーには叶わないという印象だった。

<長時間の使用に向かない>
これは、使っているモータが高負荷に耐えられないからである。レビューを読んでいると、3分くらいで熱を持ったとか、水分の少ないものを潰していたら壊れたとかある。が、これは使用方法が適切でない可能性が高い。
また、大量のものを何回かに分けて作る、という話も出てきているのだが、これもやっぱりハンドブレンダーが不得手とする分野だろう。小型で非常に高回転で回るモーターを使っているのだ。熱を持ちやすいだろうし、過負荷で故障の原因にもなる。
こうした目的にはフードプロセッサーを使うべきだろう。

<評価について>
ちなみに、Amazonや楽天、価格コムなどの評価について、僕は参考にはしているのだが、鵜呑みにするのは間違いだと思っている。
最近はステマも流行っているそうだが、さくら行為なら昔からある。手放しに褒めているのは、まず信用しない。具体的な使用レポートがあり、欠点について言及され、使用方法が問題無さそうな辺りをチョイスして読んでいる。あと、評価の数が多いのも参考にすべきだろう。レポートが1つしかないのは、比較が出来ないので参考にしないようにしている。
製品として長く愛されている、というのも参考にはなるだろう。

ハンドブレンダーシリーズリンク

色々書いたので、参考になると嬉しい。


ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ

2016年9月30日金曜日

定期的に食べたくなるLeTAOのケーキ

と言うわけで、定期的に記事も書いちゃうのであった。

特にLeTAOの回し者とか関係者というわけででは無いが、ファンなので仕方が無い。

2016年9月28日水曜日

食欲の秋!餃子を喰うぜ!

そろそろ、秋も深まってきて、美味しい食べ物が食べたい!!

たまには趣向を変えて記事を書こうと思う。