2016年12月5日月曜日

自宅でWi-Fiを使うと、スマホの通信費がお得?

Wi-Fi利用で通信費を安く!というのはそれ程目新しい話じゃないよね。

自宅でWi-Fi設定すれば、スマホ料金勝手に節約される

2016.12.04 07:00
 スマホは通話にメールに動画の視聴にと、いろいろと便利だけど、料金が高いのがネックですよね。でももし自宅のパソコンにインターネットをひいているのに、Wi-Fi(ワイファイ。無線LANのこと)がないなら、コレを設置するだけでも、今のスマホ料金が大幅に節約できるんです!
それでも、こうした話が苦手な人は結構いると思う。
記事では、月額3000円、年間3万6000円お得!とか書かれているが、どの程度便利になるのだろうか?
Wi-Fi環境を構築しよう
我が家には既に無線LANの通信環境を自宅に構築しているのだけれど、そう言えば買ってからの説明をしていなかった。
もう4年も前の話である。
記事にあるように、ネット環境を構築するのにあたって、自宅に光回線を引いているのであれば、レンタルで借りる機器を無線LAN対応のものにするというのも一つの手である。
 
ただ、コスト面を考えれば、無線LAN対応のルーターを買った方がお得だと思う。その辺りは記事にも言及されている。
無線LANって何?
僕が持っているスマホはXperiaなので、iPhoneに関しては分からないのだが、現状、大抵のスマホはWi-Fi接続に対応している。多分、iPhoneもそうだよね。

Screenshot

Androidならば、設定の画面にWi-Fiという項目があれば、Wi-Fi環境に対応していると言うことになる。
 
多少、それっぽい説明をすると、
スマホの接続環境は、LTEや3G、4Gといった通信方式と、Wi-Fiと呼ばれる通信方式の2種類が用意されている。
LTE/3G、4Gは携帯電話専用の通信規格で、LTE/3G、4Gは「通話も、データ通信もやる」ことを前提とした通信回線ということになっている。Xi(クロッシィ)はdocomo、au 4G LTEはau、SoftBank 4G LTEはソフトバンク。これはそれぞれの携帯電話会社が通信料によって価格を設定していて、月額幾らで1GBまで対応とか、そんな感じで契約しているはずだ。
 
一方のWi-Fiは、パソコンなどが利用する通信規格だ。駅前やカフェなどにフリースポットと呼ばれる無線LANを使えるようにした所も増えてきた。多くのコンビニも対応しているね。

通常、無線LANというと、通常はWi-Fiの事を指すことが多いんだ。

無線LANは無銭LAN?
さて、スマホでネットを使いすぎると、通信制限を喰らうことがある。

アプリのアップデートだとか、色々とデータ通信をすることが多いので、一月2GB程度で契約している場合は、動画を1つか2つ見ると、あっという間に通信制限の容量を超えてしまう。
 
だけど、僕の場合は2GBでまず上限を超えることは無い。これは家にWiFi環境を構築しているからだ。
動画やアプリのアップデートは自宅でやる、という事を決めておけば、2GBで足りなくなることはほぼ無いだろう。
 
理屈は簡単、家の中でWi-Fi環境を設定してあって、家ではスマホの通信はWi-Fiで行う設定になっている。家では光回線を契約しているので、この回線を使うということだね。

じゃあ、家の光回線でコストがかかるかというと、こちらは定額で契約しているのでコスト変動は無い。

つまり、僕が契約しているdocomoのパケットパックの場合、一番安いデータSパック(2GB)で事足りると言う訳だ。これをデータMパック(5GB)にすると+1500円、ウルトラデータLパック(20GB)にすると+2500円かかることになる。
  • Sパック → Mパック で1500×12=18,000円
  • Sパック → Lパック  で2500×12=30,000円
もうちょっと大容量の契約をしたほうがコストパフォーマンスは良いのだけれど、実質、2GBで足りているのだから、高い契約にするメリットは無い。
だから、「無銭」とまでは行かないが、確かにコストは大分違ってくるんだ。

格安スマホを使えばもっと安く運用できるだろう。

Wi-Fiは安いのか
ただこの話は、前提として自宅に固定回線を用意している場合のみ、安くなるという話なので、「えー、自宅に電話無いよ」とか「光回線とかやってない」なんて話であれば、参考にならない

重要な話なので、キッチリ理解しておくことをオススメする。

先ずは、自宅の通信回線の状況を確認されるのが先決だ。

その上で、Wi-Fiを導入すれば「安い」と言う事になるのだが、わざわざWi-Fiを導入する為に回線を引くと寧ろ高くなるので、これは「オススメ」という訳には行かない。

長くなりそうなので、今回はこの辺りまで。


ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ


















0 件のコメント :

コメントを投稿