2016年7月12日火曜日

Bluetoothイヤホン「QY19」を使ってみた

連日のイヤホン記事だー!
と言うわけで、Xperia Z3とペアリングしているQY19、それなりに気に入っているんだよね。
耳から落ちにくい
割とメジャーになった感じのあるイヤーフック型のズレ止めだけど、これで十分に止まっているのが素晴らしい。

イヤーフック

面白い形だけど、よく考えられているよね。
リモコンも違和感なく使える
右耳側の近くに用意されている操作部分は、ボタンが3つだけ並んでいて、「+」と何も表記されていないボタンと「-」が順番になっている。

022

こんな感じだ。

真ん中のボタンを3~4秒長押しすると「Power On」と喋って電源が入り、青いLEDが点灯。その状態で近くにペアリングが済んだBluetooth機器があれば、「Someone connected」と喋って、接続が完了する。

その状態で真ん中のボタンを3~4秒長押しすると「Power Off」と言って電源が落ちる。「+」と「ー」は音量と曲送り/曲戻しに使う感じだ。真ん中のボタンは軽く押すと一時停止してくれる。
通話もできるぜ
ちょっと驚いたのは、本体にマイクを仕込んであるので、電話の通話が可能だと言うことだ。もちろん、しっかり説明書を読めば出来ることは書いてあるのだが、素もsもそんな目的で買わなかったので、ビックリした、と言うだけの話だが。

妻に確認したら、ちょっと聞き取りにくい部分はあったらしいのだけれど、会話は成立していたので問題無さそうだ。

通勤時のみに使っているのだが、充電が途切れることは無い。今のところは、だが。概ね1時間、往復2時間といった感じの通勤時間中は、途切れること無く使える模様。

一度、一日充電をしないで使ってみたが、2日目も問題無く使えた。いつまで充電が保つか調べてみたいところだが、それは又今度ね。

ワイヤレスだと途切れを心配する方もいると思うが、音飛びは偶にある程度。主にスマホ側を触った時に短い間隔で音飛びが発生する模様。
が、我慢できるレベルだろう。

使い勝手は
そんなわけで、3千円程度のアイテムとしては十分に色々できる感じ。

音質についても、そこそこ聞けるレベル。シャカシャカと高音域が強調される感じはするが、これも慣れてこれば我慢できるレベル。
もっと高いイヤホンを選べばそれなりの音質を期待できるんだろうけれど、そこまでのものを数千円のレベルの商品に求めてはいけない。

あと、ノイズキャンセリング機能などは無いらしく、走っているときに付けていると風切り音は気になるかも。通勤で使う分には問題無いね。


ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ

0 件のコメント :

コメントを投稿