熱中症対策に

今年は早速暑さが酷いようだね。

熱中症の搬送者数、昨年同期の5倍超 3日までの1週間

朝日新聞デジタル 7月5日(火)15時52分配信

 総務省消防庁は5日、6月27日から3日までの1週間に全国で2847人が熱中症で搬送され、6人が死亡したとする速報値を発表した。搬送者数は昨年同時期の5倍を超えた。3日に全国42地点で最高気温が35度以上の「猛暑日」を記録するなどした暑さのためとみられる。消防庁は、こまめな水分補給や、室温が28度を超えないようにするなどの予防策をとるよう呼びかけている。

でも、だからこそ対策を。


暑い日には
こまめな水分補給を

まずは、こまめな水分補給を心掛ける。

  水筒は必須だね。

 

汗をかいた分だけ、水分を補給しなければならないが、この目安が割と分かりにくい。スポーツしているときには分かり易く汗が流れるが、野外で活動している時には、水分補給を忘れがちである。

 

成人男性で1日に1.5L程は水分を補給しておきたいところ。汗を流せばそれ以上に水分を必要とする。

 

塩分もとろう

最近は便利なものがある。

汗をかけばそれを補う分の塩分は摂取が必要だ。

何かこう、この手のタブレットは必要以上に食べてしまう事が多いけれど、取り過ぎはダメだね。

 

体調に気をつけること

睡眠時間をしっかり確保することと、風邪など体調不良を感じたときには十分な休息をとろう。

6時間くらいは、平日でも睡眠に割きたいところ。

 

もちろん、バランスの良い食事を心掛けるのも大切である。

 

帽子は忘れないように

直射日光を避けて暮らすわけにも行かないので、野外で活動するときには帽子をかぶっておくのが良い。

あとは、少しは涼めるアイテムを持っていても良い。

こう、首を冷やすアイテムって、使いにくいのが欠点だと思うのだが、身体を冷やすには効果的である。

あとは、意外に便利なのが扇子だ。

外出先でちょっと涼みたいときに使えるアイテムである。カバンなどに忍ばしておくのが良いと思う。

色々なデザインがあるので、探してみるのも面白いだろう。

 

暑い夏を乗り切るには、色々な工夫がある。先人達の知恵を借りるのも良いし、ニューアイテムを投入するのも面白い。

大切なのは心掛け、というところか。

 


ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ

コメント





このブログの人気の投稿

ハンドブレンダーをオススメ

エーハイム2213、呼び水でホースを口で吸うのが嫌な人の為に