SDカードを買おう

随分と安くなった感じのするSDカードだが、スマホの場合はマイクロSDカードだし、カメラの記憶媒体としてはSDカードだし、色々と大きさがあって困るね。

こんなのが1,000円以内で買える時代というのは、なかなか素晴らしい。

SDカードの種類
SDカードの大きさは3種類

大きさは「SDカード」「ミニ」「マイクロ」の3種類で、機器によって使う大きさが違う。

スマホや携帯に入っているのは、概ね一番下の小さいやつ「マイクロ」だ。大きさが違うと機械に入らないので、気をつけよう!

  まあ、小さいやつを買うと、アダプターが付いてくることが多いので、マイクロを買っておけば他の大きさにも対応できることは多いんだけど。

 

規格は3種類

問題となりやすいのは規格だ。

一般表記 最大容量
SD 2Gbyte
SDHC 32Gbyte
SDXC 2TByte

基本的に下位互換、つまりSDHCならばSDを、SDXCならばSDHCとSDを読むことは可能になっているようだが、上位規格を読み込むことは出来ないようだ。

必ずこの規格は確認しておくべきだろう。SDXC規格ならば大容量だから、とかいう理由で買ってSDHC規格の機器に読み込ませると、カードを読めなくなるなどの不具合も報告されている。

気をつけようぜ!!

 

転送速度も色いろある

あまり気にしない人も多いかもしれないが、スピードクラスというものもある。要は読み書きの転送速度のことだ。

SDスピードクラス 最低保証レート
CLASS2 2MB/sec
CLASS4 4MB/sec
CLASS6 6MB/sec
CLASS10 10MB/sec
SDカードの転送速度は「最低保証レート」が定められているが、SDカードではほぼオマケだ。なおCLASS10は後から規格化されているので、対応していない機器もあるようだ。
 
今ではもっと早い規格の「UHS-I」「UHS-II」などが出ているようだが、まあ、参考までに。
 

こんなのでも2000円も出せば買えるのだから、なかなかすごい時代である。

 

ともあれ、とにかく規格だけは気をつけて買おうぜ!


ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ

コメント





このブログの人気の投稿

ハンドブレンダーをオススメ

エーハイム2213、呼び水でホースを口で吸うのが嫌な人の為に