クロームキャスト2が登場

前々からChormecastは欲しいなぁと思っていたのだが、どうやら新型が出た模様。

あら、いつの間に。

ChromecastはAmazonで買えない

どういうわけだか、Amazonでの販売をやめてしまったらしい。んで、Amazonでクロームキャストを検索するとパチもんが出てくる。

その名もEZCast、名前からデザインまでそっくりというのが恐ろしい。

ただし、これは後発のパクリ製品、と言うわけではないようだ。似て非なる性能を持っているシロモノで、プラットフォームも別物。

EZCastはプラットフォームの名前で、これを搭載した商品の一例が上のアイテムという訳だ。

形が似ていることで便乗商法を狙ったのだろう。

どうやら、こういった形の正規品もある模様。

AmazonはFire TV推し

実は、Amazonさん、クロームキャストの後発で、こんな商品を出しちゃった。

形こそ似ていないが、性能は第一世代のChromecastよりも上。お値段はほぼ同じ。

やれることもほとんど同じだけれど、スマホは不要というシロモノ。

スマホなどのミラーリングも可能らしいので、この辺りもChromecastで不満を持っていたユーザーの意見を反映した商品づくりになっているのだろう。

つまり、GoogleとAmazonは商売敵になったということだね。

 

Chromecast2はどんな商品?

どんな経緯があったかは知らないが(棒)、とにかくGoogleさんはAmazonでの商売を止めてしまって、自前のサイトで新しい商品を扱い始めた。

それがChromecastの第二世代である。

まあ、本家ではこれこそがChromecastだと言わんばかりに、Chromecastの名前で販売しているので、Googleにとっての黒歴史なのかもしれない。

 

だが、僕にとってはそんなことはどうでもいいわけで。

新たに用意されたこの商品が使い物になればそれで良い。

ちなみにお値段は5,000円(4,980円)を切る価格で設定されている。

形状が変わった理由

なにやら丸い本体からケーブルが出るような形になっている第2世代だが、これには理由があるようで。

どうやら、前の形だと、テレビによっては色々と干渉する部分があったようだ。そりゃそうだね。テレビのウラの端子は所狭しと並んでいるのだから、HDMIコネクタにぶっ刺す形だと他の端子が死んでしまうという問題が出てきても不思議はない。

 

形が変わったのには、それなりに理由がある模様。

 

Wi-Fiが変わった

どうやら、第二世代はWi-Fiの仕様が変わった模様。2.4GHzと5GHzに対応し、802.11acをサポートした模様。第一世代は802.11 b/g/n Wi-Fiだけだったので、無線技術の進歩を反映したってことだね。

……つまり、通信速度が早くなったってことだ。

早いことはいいことだよ!

 

コンテンツの充実

第二世代と第一世代の違いは、通信速度などの改善だけのようだが、コンテンツは拡充しているようで、ゲームが出来たりということもあるようだ。

「ファイナルファンタジー XIII Google Cast Edition」なども今後配信される予定らしい。

 

みんなで楽しめるような商品に育てていくつもりらしいね。

もうちょっと様子見をするか、買ってしまうか。

悩むところだー。


あー!欲しくなってきた!!
後はお金だけだな!!

ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ

コメント





このブログの人気の投稿

ハンドブレンダーをオススメ

エーハイム2213、呼び水でホースを口で吸うのが嫌な人の為に