自転車のギアとチェーンを替えた

自転車屋さんのお仕事である。

僕の通勤用のアイテム、自転車。

毎日乗っているのだから、当然ながら色々と問題も出てくる。

メンテナンスは定期的に

自動車に車検があるように、自転車にもそうした定期点検が必要である。特に、毎日使うアイテムならば、絶対に必要だ。

一年に一度はショップで

自分でやれることは限られている。

タイヤの空気圧の点検は、週に1度は。

チェーン周りのメンテナンス、月に1度は。

あとは、ブレーキの握りシロやら効き具合のチェックなんかをやっておけば良いだろう。ブレーキパットの溝も。

こんなのがついている自転車であれば溝の深さをチェックしておくべきだ。

 

だが、シロウトが出来るのはこんな程度である。

構造が簡単だから、慣れていれば他の部分もメンテナンスは可能なのだが、大人用の自転車だと時速40km程度は出せる。だから、そのスピードを安全に乗りこなそうと思ったら、迂闊に手を出さない方が良い。

自分でメンテするにしても、プロにも見せた方が良いだろう。

去年はブレーキパットの交換

そんな訳で、自転車に乗り始めてそろそろ4年目に突入。

2012年12月頃に買って、去年はブレーキパットの交換。今年はギアチェーンの交換である。

 

ブレーキパットの交換は、比較的簡単なのだが、プロに任せたい分野の1つではある。

理由は単純。止まる機能は車と名のつくモノにとっては非常に重要だからだ。

今年はギアとチェーンの交換

で、今年やったメニューだが、ギアとチェーンの交換である。

基本的にギアは同じものに交換するのがお勧めなのだが……、シロウトには少々荷が重い。

僕の自転車は、ギアに「8S 11-32T」を使っているので、このタイプと同じだな。ちなみに「8S」がスピード(ギア枚数)で、「11-32T」が歯数構成だ。32Tは歯数が多めなので、それ程軽くする気が無いなら30Tとか28Tを選んでも良いかもしれない。プロに相談するのが良いぞ。

ギアを外すには、こんなアイテムが必要になる。

プロに任せたいという理由の1つだね。2000円程度の工具ではあるが、ハッキリ言ってスプロケットを外す以外の使い道は無い。

ギア交換にはチェーンも一緒に交換がお約束。

チェーンカッターやらコネクティングピンなども必要となってくるので、この辺りもプロに任せた方が早い。

タイヤ交換

あとは、タイヤの交換も勧められた。

金がかかるのは業腹だが、しかし、有無を言わせないほどすり切れてしまっているのだから、仕方が無い。

この手のものは、自分で交換してしまって問題無いとは思うが……、結構手間なので、プロに任せるのも良いだろう。

割と簡単に交換できるんだけどね。

メンテナンスはこまめに

偉そうな事を言っているが、実際の所、ギアの症状が思わしくないのは去年からで、去年は調整だけで誤魔化したが、今年は流石に観念した。

 

随分すり減っていたようだが……、素人目にはあんまりわからないんだよねー。

 

まあ、アレだ。定期的に交換したい部品ではあるよね。

チェーンの交換頻度は3,000km程度だって話だけどね-。行き帰りで5kmを1年300日分として、4,500kmか。注油が不十分だったことを考えれば、機会としては適当だったのかも?

もうちょっと調整とか、きっちりしておきたいね。

 


ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ

コメント





このブログの人気の投稿

ハンドブレンダーをオススメ

エーハイム2213、呼び水でホースを口で吸うのが嫌な人の為に