2016年3月14日月曜日

「お風呂が何かニオう!」そんな時

浴室には湿気がこもりやすく、カビなどが生えやすい環境になっているが、近年は換気装置の発達もあって、わりと清潔に保てるようになってきている。

ところが、それでもニオう事は少なからずある。
その原因は、排水口であることは結構あるのだが、実は、お風呂の引き戸の溝から……なんてこともあるのだ。

浴室に引き戸を採用している家庭も少なからずあると思う。

でも、その溝はどうやって掃除している?
こんなので掃除をする?
あれば便利だけど、こうしたアイテムは余りオススメしない。
引き戸の溝の構造
我が家も引き戸を採用しているのだが、最近の浴室はバリアフリーに拘って段差が作られていない。
c
こんな感じである。
実は、引き戸の溝は排水できる構造になっていて、外に水が出にくい形になっている。
……ところが、これ、結構知らない人が多いんじゃ無いだろうか?
排水溝は外れる
検索するまで知らなかったのだが、この溝、実は外れる構造になっている。我が家のお風呂はトステムのユニットバスを採用しているが、多分他社でも似たような構造を採用しているだろう。
DSC_1084
こんな感じの溝があるのだが……、溝が外れるとはどういうことか?
DSC_1086
こういうことなのだ。
見比べて頂ければ「なに」が外れているかは分かると思う。
あー、拡大してみると結構キタナイのでご了承を。これでも一応掃除後だったんだけど(汗

縁の部分に外すための取っ手がある
で、どうやって外すのか?という話なんだけど……。
DSC_1087
赤丸で囲んだ部分。これが指を引っかけるための取っ手になっていて、ここに指を引っかけて持ち上げると外れる。
排水口はここ
溝の中央辺りに排水口が設けられている。
DSC_1085
相変わらず、キレイになりきっていないのだが、四角が6つ並んでいる部品のある辺りが排水口である。
この部品も外れるので、指でつまんでハズして掃除しよう。
定期的に掃除しよう
僕の家は、家を建ててからずっと掃除できていなかったので、8年ほどほったらかしだったのだが……、排水が詰まって水が溢れる始末だった。
外れるとは思っていなかったので、溝の中にスラッジが溜まりまくっていたのである。

こんな部分なので、汚れが入り込みにくいと思っていたが、ヘドロのような物が溜まっていて、掃除するときはドブの臭いがした(涙
こんなアイテムを用意しておくと結構便利だ。
出来れば、半年に一度くらいは掃除したいところ。


ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ

0 件のコメント :

コメントを投稿