2016年2月4日木曜日

スマホの電池切れ!そんな時に……

備えあれば憂いなしと言うヤツですな。
先日、外出中に、突如、スマホの電源が入らなくなりビックリ。再起動させると起動画面がでるのだけれど、直ぐに画面がブラックアウト。

……これは壊れたか?と、心細くなったのだが……。
先ずは充電を疑うべし
実のところ、先日はArrows tabが起動できなくなったので、「又か!」という思いがあったのだが、冷静に考えるとXperiaの方は再起動はするのである。

そこで、ふと思いついて、暗いところに持っていって画面を見ると……、うっすらとだが文字が見える。

ああ、これ、電池切れだ。
さっきまでは20%程あった様に思ったが、画面設定でかなり液晶画面の光量を落とす設定にしてあるので、日の光の下では気がつきにくかったのである。

外出先で充電するには
先日紹介したが、車載できるタイプの電源供給用インバーターを使えればそれに越した事は無い。
車内で充電
車にはバッテリーが積まれているので、スマホの電池くらいならば充電も余裕だ。
先日紹介したBALのインバーターよりこのBESTEKのインバーターの方が小型だが容量は大きい。
この手のものが車内に常備してあれば、スマホの充電に、と言う事になるわけだが、その日は生憎車に乗っていなかった。
緊急時の充電
じゃあ、何を持っていれば良いかというと……。
ま、まあ、この手の充電器もアリではある。
が、これって、どちらかというと災害時用で、使い勝手としては問題がある。
充電に時間がかかるからだ。
上の手回しラジオ付きは、昔から良くあるタイプの手回し充電可能なアイテムだが……、満充電になるまで手回しを続けるのは現実的では無い。

下のソーラーチャージャーは直射日光で満充電までに40時間以上かかるという。
充電させるために充電する時間がかかるという本末転倒な……。

モバイルバッテリーを常備しよう
そんなあなたにはこれ。
10400mAhの容量を持っているので、2回分くらいの充電が可能。大きさ的にももう1つスマホを持つ程度の大きさなので、鞄に入れておけば便利だ。
おっと、2ポートとも利用するなら、充電用のケーブルも買うのを忘れてはダメだぜ?

モバイルバッテリーにはMicro USBケーブルが1本付属してくるが、2ポート同時に利用しようとすると2本ケーブルが必要になる。
毎晩、スマホと一緒に充電しておけば、スマホの充電が切れても問題無いぜー。
そうそう、こういった2ポートのプラグも用意しておくとイイネ。
大容量のものも
ちなみに大容量のモバイルバッテリーもある。
26000mAhなどという大容量のものも。
……充電回数が増えるメリットがあるのかどうかはよく分からないが、たくさんの携帯機器を持っている人なら便利かも??


ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ

0 件のコメント :

コメントを投稿