キッチンワゴンを模索

キッチンワゴンが欲しいという話はちょっと書いたことがある。

単純な形のキッチンワゴンも割と使い勝手は良さそうだが、これに二千円出すのはちょっとねぇ。

キッチンワゴンに何を求めるか?

キッチンワゴンと言えば、一般的には作った食べ物を運んでいくような用途に使う様に思う。

ただ、作業台としての機能を求めたり、収納の延長という機能を求めたり、あるいは食品をストックする機能を求めたりと、意外と方向性が違ったりするのだ。

2年前の記事には、こんなことを書いた。

 

作業台として使いたい

キッチンの高さを900mmに設定しているのだが、これに併せた高さの作業台が欲しい。

一方で、ダイニングのテーブルの高さは700mmである。

 

……だとすると、850mm位の高さにするか、800mm位の高さにするか。

同じレベルである必要があるかどうかは悩むが、流石に100mmも差があると困るだろうか?しかし、ダイニングのテーブルに付いた状態で作業がしたい。

具体的には、ホットプレートで餃子を焼くとか、ホットケーキを焼くとか。

 

高さを変えられる仕様というのは、不安定なのでできるだけやりたくないのだが、

 

収納として使いたい

まあ、これは前回も書いたのだが、ホットプレートを仕舞う場所が欲しいのだ。

いつもはキッチンから離れた場所に収納しているが、イチイチ出しに行くのも不便だ。

 

後は細々としたもの、例えば延長ケーブルやら食品のストックやら鍋敷きやらが仕舞えれば嬉しいのだが、この辺りは仕舞うものを絞るべきだろうねぇ。

 

トッププレートは耐熱仕様がいい

んでまあ、色々なモノを置く場所が欲しいという要望の中に、鍋を仮置きしたいという要望が。

これ、キッチンワゴンとしての用途であれば、キッチンでお皿に盛り付けしてから、という事を考える訳だが、我が家の場合は、鍋を運んでテーブルの前で盛り付けというパターンが多いのだ。

耐熱タイルが貼ってあるものならば便利そうではあるが、機能を求めるとお値段もお高くなる。

 

いろいろ欲張ると、お値段に響いてくるわけで、その辺りはちょっと考え直す必要があるのかも。でもねー、格好悪い奴もキッチンでは使いたくないし。

 

……全部を満足するためには、作るしか無いのかも知れないな。そんなことを考えているので、未だに購入出来てないんだけど。

ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ

コメント





このブログの人気の投稿

ハンドブレンダーをオススメ

エーハイム2213、呼び水でホースを口で吸うのが嫌な人の為に