オススメのクーラーボックス

そう言えば、我が家には簡易のクーラー袋しかなかったので、いい加減クラーボックスを買うべきなのでは?と。

海に行った時にも川に行った時にも、「あれば便利だなー」とは思ったんだけど。

そんな訳で、クーラーボックスについてちょっと調べてみた。

クーラーボックスといえば釣り用

性能にこだわるならば、釣具メーカーの奴が良いようだ。

なかなか素敵なお値段で売っているが、3万円以上出すのであればこういうタイプのモノがある。

I-CE値に注目

クーラーボックスの性能を示す上で参考になるのが「I-CE値」である。

アイス値と読むらしいんだけど、クーラーの容量に対して20%の氷を入れた時に持続する時間を示す保冷力ということらしい。

I-CE値:90hならば、30Lの2割である6Lの氷を入れておけば、90時間氷が保持されるということのようだ。

 

様々なクーラーボックスがあるが、最強クラスのクーラーボックスがこの「シマノのフィクセルプレミアム」である。

 

シマノを出したらダイワも出しておかないと不公平かな。

こちらも4万円クラスのクーラーボックス。使い勝手にも拘った逸品である。

 

外国の商品でもかなり優秀なものはあるようだが……、まあ、国内の手に入りやすい商品のほうが良いよね。

 

クーラーボックスは容量も気にしよう

クーラーボックスの大きさは各種あるが、使いやすい大きさとしては20L~40Lの間くらいだろう。

もちろん、もっと大きなものも存在するし、容量が大きいのは便利なのだが……、大きくなると重くなるという欠点が。

 

よくあるサイズは35L程度の容量なのだが、2Lのペットボトルで10本も入る。つまり、20kg以上の容量に本体重量である7kg程度の重さが加算されるので、30kg程度の重量になってしまう。

 

30kgを超えると、流石に運ぶのにも一苦労だ。

行楽に持っていくレベルであれば20L以下が良いだろう。

 

容量の目安

<7L>

350ml缶なら9本 500ml缶なら6本 500mlならペットボトル6本

<14L>

350ml缶なら18本 500ml缶なら12本 500mlならペットボトル12本

<25L>

500mlペットボトルなら15本 1.5ペットボトルなら7本 2ペットボトルなら8本

 

個人的には、手で持って行くことを考えると20L位に抑えるべきだと思う。

キャスターなど、搬送する手段があれば50Lとかでも良いのだろうが……。

この辺りがオススメかな?

ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ

コメント





このブログの人気の投稿

ハンドブレンダーをオススメ

エーハイム2213、呼び水でホースを口で吸うのが嫌な人の為に