「正しい水着の洗い方」って? きちんと洗おう

水着に洗い方もなにも……、なんて思っている人も多いと思うんだけど、「正しい洗い方」ってのはある。

でもさー、その通りにできるかっていうと、そう簡単でも無いんだよねー。

水着の天敵はプール?

最近のプールは塩素消毒じゃ無くてオゾン消毒しているところもあるみたいなんだけど、水着の生地には塩素は大敵なんだって。

あと、海に行ったときには塩分がつくと思うんだけど、これも水着にとっては良くない。

 

つまり、水着は使い終わったらすぐに水道水などですすぐ!これが大切なんだって。

泳いだ後は

泳いで、水着を脱いだらすぐに水洗い!これが大切。

プールの更衣室や海でも水道が使える場所はあると思う。出来るだけ、脱いだら早めにすすぎ洗いが基本なんだって。

 

でもさー、子供達がプールとか行った後はどーすんの?って話も出るよね。そんなときは、帰ってきたらすぐに洗う、くらいが良いと思うよ。

 

シャワーなどを使って砂などを押し出すみたいな洗い方をすると、イイらしい。川で遊ぶとコケなどがついて大変なことになるけど、生地を引っ張って爪ではじく感じで水で流してやると、そこそことれるかな。

 

 Point 1 : 脱いだら水洗い!

で、水洗いをしたあと、ぎゅーって固く絞るのもダメ!

水着はポリウレタンという素材で作られているんだけど、絞ると生地を傷めることになる。ぞうきん絞りは厳禁だ。

じゃあどうするかというと、タオルなどで絞らずに水気を拭き取る、のが良いんだって。

身体を拭いたタオルでくるんでくるのが現実的かな。濡れたまま長時間放置というのもダメなんだって!

 Point 2 : 水着は絞らず、タオルで水気を切る

 

洗濯するときは?

洗濯機はダメ!

っておおーい!

実は、多くの水着は水洗いはNGになっていて、洗濯機で洗う場合でも「弱水流」とか「手洗いコース」での洗濯が推奨になっている。

これも水着の素材が問題なんだよね。型崩れを防ぐ為には守りたいところ。

で、こういったアイテムを使うとイイよ。

使う洗剤は中性洗剤が良いだろう。漂白剤とかは絶対ダメだぜ?

脱水機も使わない方がいいぞ。使うのであれば短時間で。

 Point 3 : 洗うときは手で優しく。洗濯機を使うなら手洗いモードなどを使おう。

 

干すときは

干すときは、直射日光は厳禁で、陰干しすべし。

やっぱり、生地がポリエステル系の素材だかららしい。直射日光は避けよう、な!

 Point 4 : 陰干ししよう

 

干すときは、よじれている部分を手で直して、軽く整えて干そう。

適当な場所が無いときは、水着を中心に、回りにタオルを干すなんて方法で、直射日光を避ける手もある。

 

そうそう、乾燥機を使うのは止めた方が良い。

 

収納するときは

まあ、収納する時は、畳んで収納すれば良いんだけれど、型崩れしないように収納するのが良いんだって。

女性用の水着はパッドがついてたりするから、そういう部分を潰さないように柔らかい紙や布を詰めておくとイイ。

そうそう、防虫剤は控えめに。直接触るような位置に置くのは避けるべきだぜ。

あと、高温多湿の場所に保管するのは避けたいね。屋根裏だとかはかなり高温になるので、避けた方が良いだろう。

 

水着は消耗品

実は、水着はそんなに永くは保たないのである。

水着としての性能を求める様なタイプ、つまり、スポーツ水着のようなものは、熱に弱いし塩素などにも強くない。

だから、スライダーで遊んだり、プールのヘリに腰掛けてコンクリートと水着がすれたりするといった感じの事でも毛羽立ち、生地が劣化する。

 

生地の傷みが酷いようであれば、そろそろ寿命と割り切るのもアリだろう。

ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ

コメント





このブログの人気の投稿

ハンドブレンダーをオススメ

エーハイム2213、呼び水でホースを口で吸うのが嫌な人の為に