サーモスの新しい水筒を買ったら軽くなっていた

息子の水筒が色々凹んできたのと、蓋の開閉がスムーズに出来なくなってきて、更にポーチが破れてきたので、そろそろ買い替え。

ふむ、どんなのが良いのやら。

サーモスの水筒
容量はどうするか

前回、娘に買ったのが0.8Lのモノで、ラインナップ的には、0.8L、1.0L、1.5L、2.0Lと色々あるようだ。 あ、0.5Lもあるみたいだね。

当然、内容量が多くなれば、重くなる。

水筒の中にお茶を入れて学校に登校するのだが、中身を全部飲みきることはあまりない。

でも、サッカーチームで練習するときは、1.0Lが空になって「足りない」という始末。

普段使いを考えれば、小学生にはやはり1.0L程度が良いように思う。園児なら0.5L辺りが良いかな?

 

色とか

結構、頻繁にラインナップが変わるので、色々な種類がある。サーモスのサイトに紹介されている1.0Lの水筒だとこれだけある模様。

 FFZ-1000FFFZ-1000FFFZ-1000FFFZ-1000F

このほかにも生産終了してしまったタイプのものが色々あって、Amazonなんかをのぞくと2世代前のモノも売られている。

好きなのを買えば良いじゃね?とは思うんだけど、世代によって若干重さとか機能が違う模様。

キャップユニットのロック機構が変わった

大きな所としては、蓋の形がちょっと変わったことかな。

蓋

現行品は、こんな感じ。

 

高さと重量が変わった

あと、現行品は本体重量が0.4kgになっている。

だが、2世代前の商品だと0.5kgと約100gの軽量化に成功している模様。実際に持ってみると軽い感じがする。2割も重さが違うのだから、当然だとは思うけど。

ついでに背もちょっと低くなった。

29cm → 27.5cm

形も、首の所がずんぐりした形に変更されている。

深絞りの技術的には新しいものの方が作りにくいハズなんだが、改良するときに何か工夫があったのだろうか?

 

ちなみに、1.5Lタイプは0.6kg、2.0Lタイプは0.9kgになるので、水筒の重さの差も結構重要だと思う。

 

そうそう、ジャケットの形の変更は、以前に紹介した通りだ。

この辺りを考慮した上で、古いタイプの水筒を買うのもありだ。価格が1000円以上も違う場合があるからね。

ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ

コメント





このブログの人気の投稿

ハンドブレンダーをオススメ

エーハイム2213、呼び水でホースを口で吸うのが嫌な人の為に