2015年2月10日火曜日

二酸化炭素おぉぉ~、水槽に足すぜ!

まあ、この手の話をし出すと言うことは、相当アクアリウムに嵌まってきていると言うことでもあるんだねぇ。

こんな感じのアイテムは、普通の人には意味不明なんだろうねぇ。

水草水槽に添加する二酸化炭素

んで、まあ、説明をザックリと。

水草だって植物

水槽内とは言え、水草水槽は植物を育てているって話になる。

植物は、水と二酸化炭素と太陽の光で光合成をして成長する。もちろん、窒素、リン酸、カリウムといった植物の三大肥料も必要なんだけど、これは水槽内に住んでいるお魚の排泄物なんかが部分的に代用してくれる。

もちろん、お魚の排泄物はバランス良い肥料になるって訳じゃ無いから、サポートは必要かも?

テトラ イニシャルスティック 【水草用肥料・イニシャルスティック】

価格:998円
(2015/2/10時点)

こういうのが有名なんだけど、効果が出るかどうかは人それぞれ評価が違うみたいだね。

二酸化炭素を追加

で、水は良いとして、光と二酸化炭素は追加しないと仕方が無い。

光はLED派と蛍光灯派、それにお金持ちの御用達のメタハラさんなのだけれど……、コレはもう無視で良い。

流量設定済 水草職人 CO2フルセット 60cm水槽用 関東当日便

価格:22,459円
(2015/2/10時点)

で、こんなアイテムが売っている訳なんだけど、コレが又高いんだよねぇ。

 

ミドポン、って手もあるそーな。

空ボンベとの交換! 炭酸ガス充填 液化炭酸ガスボンベ 5kg入りみどボン ミドボンサッポロビール CO2ボンベボンベ込み総重量13kg

価格:3,394円
(2015/2/10時点)

これ、ビールサーバー用に用意されているアイテムなんだけれど、水草業界では必須アイテムなんだとか。

ただねぇ、扱いが結構面倒なのと、やっぱり初期投資はそれなりに必要になる。小型ボンベに比べてランニングコストはかなり安くなるって言うメリットがあるんだけどねぇ。

 

あと、発酵式という方法があるんだけど、これは限りなく自作の世界なので、ここでは割愛しておこう。

 

まあ、ディープな世界に足を突っ込むと、色々とアイテムを揃えたくなるのが趣味の世界である。

余裕があればやってみたいなぁ……。

 

ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ

0 件のコメント :

コメントを投稿