2014年9月4日木曜日

無線式マウスの電池はどれくらい保つのか?

以前に紹介したLOGICOOLのワイヤレストラックボールだが、先日電池交換をした。

マウスを変えた その1

この記事を書いたのが2012年10月11日なので、単三電池1本で約2年保ったことになるな。
トラックボールの使い勝手
マウスの代わりに使っているトラックボールだが、長年愛用しているだけあって、使い勝手はかなり宜しい。
新品価格
¥4,300から
(2014/9/3時点)
まー、好みもあるんだけど、マウスと比べて本体を動かさないで良いというのはけっこーポイントが高い。
こちらの記事でも色々説明してるけど、無線マウスというのがかなりありがたい。
使ってみて分かったんだけど、有線マウスって、割とコードが邪魔なんだ。

無線式のトラックボールは、無線式マウスよりも線が無いことの恩恵は薄いんだけど、それでも、机の上がゴチャゴチャしないし、トラックボールを動かすときに線を引っ張らなくて良い
ほんのちょっとしたことなんだけどね~。

会社で使っているのは無線式マウス
以前も紹介したけど、会社ではLOGICOOLのM705を使っている。
新品価格
¥3,680から
(2014/9/3時点)
こちらが、そうだ。
え?LOGICOOL信者かって?まあ、否定はしない。
ロジクールのマウスは個人的に信頼性が高いと思っているから。

念のため説明しておくと、Logicoolブランドは、スイスlogitech社の日本限定ブランドで、並行輸入品はLogitechという商標が付いていることがある。
日本でロジテックというと、ロジテック株式会社というエレコムの100%子会社があるので混同を防ぐ為にLogicoolという商標が使われているとか。

あー、話が脱線した(苦笑

えっと、書きたかったのはこちらは2013年5月に購入しているマウスなんだが、電池は未だに交換していないという話。1年以上は保つって話になるね。
何が言いたいかっていうと、無線式のマウス、電池の消費は問題にならないよー、ってな話。
正直、電池消耗が凄く激しいタイプのものもあるようだけど、M570とM705に関しては気兼ねなく使える感じだ。

使い勝手はスゲー良い。
ただ、高速スクロールに惹かれて買ったんだけど、殆ど使わないことが判明(苦笑

使うシーンが少ないんだよねー。便利な機能なんだけど。

ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ
 

0 件のコメント :

コメントを投稿