2014年9月10日水曜日

水槽用のヒーターを選ぶなら

うーん、去年買った水槽用のヒーターだが、いきなり廃盤になっていたorz

そういえば、ホームセンターなんかでも山積みになっていたっけ。

あれは、新製品が出たからだと思っていたけど、よもや廃盤が決定するとは。

水槽用のヒーター

……気を取り直して、根本的なところから行こう。

熱帯魚を飼育するなら、どうしても水槽内にヒーターを用意する必要がある。

何故ならば、熱帯魚は、暖かい地方に住む魚達なので、寒いのは苦手だからだ。そして、その多くは温度が10℃を切るような環境では生きていけない。

 

そんなわけで、水槽の水を温めるためのヒーターは必須だと言える。

 

水槽用のヒーターを使わない場合

ただ、極論をすれば、水槽用のヒーターなんて、周囲の環境が暖かければ要らないわけで。

「我が家は全館暖房だから!」みたいなお宅は、24時間部屋を暖めているというのであれば、水槽の内部の水も冷たくなることは無い。

よって、ヒーターなんて不要、みたいな贅沢な環境はアリかもしれない。

三菱電機 エアコン MSZ-GV283-W(ホワイト)主に10畳用【100V】霧ヶ峰 日本製

新品価格
¥59,980から
(2014/9/10時点)

或いは、沖縄方面の亜熱帯に属するような地域であれば、敢えてヒーターは不要なのかも?

 

水槽用のヒーターの選び方(出力編)

そうで無いところは、やっぱり水槽用のヒーターを用意する必要がある。

で、ヒーターをどのように選ぶかというと、先ずはワット数であろう。

 

水槽の大きさ 水量 出力
30~40cm 10~20L 50w
30~40cm 15~25L 65w
45cm 20~40L 100w
60cm 約60L 150w
90cm 約120L 200w
90cm 約160L 300w

この辺りが目安となる。

が、実際の所はメーカーによって効率やら考え方が異なるので、あくまで参考値として考えて貰った方が良い。

大抵は外箱に推奨される水槽の水の量の目安が書いてあるので、良く確認して欲しい。

テトラ (Tetra) 断熱シート 60cm以下用

新品価格
¥578から
(2014/9/10時点)

基本的には、容量に余裕があるヒーターを選んでおけば良いが、こういったアイテムを使えば、電気代が節約できるかも?

ヒーターの種類

んでもって、厄介なことにヒーターには幾つか種類がある。

先ずは、固定型オートヒーター

エヴァリス プリセットオートヒーター20W

新品価格
¥1,359から
(2014/9/10時点)

固定型オートヒーターの良いところは、ヒーターにセンサーが内蔵されていて26℃前後になるように勝手に調整をしてくれるところ。

シンプルで、手間いらず。オマケに比較的安い。

ただ、大出力のモノはないので、小型水槽向けと言えるだろう。

次に、一体型ヒーター

ICオートヒーター DS150

新品価格
¥2,350から
(2014/9/10時点)

固定型との違いは、温度調節が可能な点だ。

そして、汎用型

ジェックス メタルヒートパック SH160

新品価格
¥3,680から
(2014/9/10時点)

温度調節型オートヒーターとの違いは、温度センサー部分が分離しているか否かと言う点だ。

ヒーター部分もコンセントで分離できるので、ヒーターが壊れたらヒーターのみの交換が可能だ。

 

……可能なんだけどさ、ヒーター単体、センサー単体で売っている店があまり無いので、結局セットで買う羽目になるんだよなー。

「ヒーターは1年に1回交換」が基本だとはいえ、ヒーター単体で売ってなかったら意味無いよね!

ヒーターの機能

でもって、割と大切なのがこの「機能」。

具体的には、「空焚き防止」「トラッキング防止」「低表面温度」といったようなものがあるようだ。

 

実は、古い製品ではヒーターから出火するなんていう事件が結構あって、行政から指導が入り、最近では通電遮断機能を備えたものに置き換わっている。

 

それでも、センサー部分が水から出る様な使い方をすると、煮魚を作るようなことも珍しくない。

ヒーターを縦になるような配置をしてはいけないのは、そうした理由による。

 

後は、ヒーターの表面に魚が乗ると、火傷をする、なんて話があるわけだが、それを気にして表面を低温にするのが最近のトレンドっぽい。

なにやら「新統一基準規格」なるものが出来た模様で、それが影響しているとかなんとか。

コトブキ スリーエスヒーター 150W

新品価格
¥1,625から
(2014/9/10時点)

ただ、ヒーターカバーを設ければ事足りるという考え方もあるので、この辺りは拘る必要は無いのかも?

我が家の場合

さて、我が家の場合だが、新しい水槽を1つ立ち上げたので、ヒーターを買わなければならない。

選択肢としては、去年使っていたヒーターに、1本ヒーターだけ足す、というのと、新規に容量の大きいヤツを買う、というのがある。

 

……どっちが良いんだろう?

コトブキ スリーエスヒートセット 150W

新品価格
¥3,905から
(2014/9/10時点)

新しいのを試して見るのは手かも知れないな。

今の水槽内の生体

水槽

魚類

水草類

30cm水槽

ザリガニ : 1匹
ヒメダカ(稚魚) : 2匹
ミナミヌマエビ? : 1匹

アナカリス

40cm水槽

破棄

破棄

60cm水槽

アカヒレ :6匹
チェリーレッドシュリンプ :2匹
チェリーバルブ :2匹
コリドラス・バレアトゥス :2匹
オトシンクルス : 4匹
ゼブラオトシン: 1匹
アベニー・パファー : 2匹
ネオンテトラ : 7匹

アヌアビス・ナナ
アマゾンソード
ハイグロフィラ・ポリスペルマ

1 件のコメント :

  1. 水槽用のヒーターを選ぶなら. うーん、去年買った水槽用のヒーターだが、いきなり廃盤になっていたorz. そういえば、ホームセンターなんかでも山積みになっていたっけ。 あれは、新製品が出たからだと思っていたけど、よもや廃盤が決定すると ... ヒーター.blogspot.com

    返信削除