お詫び

何やら、「規約違反」でBloggerにブログをロックされてしまっていたらしく。

原因追及に時間を費やしたものの、現状では原因がよく分からないので、最新の記事は撤去しています。

 

該当する記述はないのに、解除申請しても却下を喰らうので、記事を削除する方向で決着をつけたのだけれど……。


まあ、目処がつけば再掲載出来るカモだけど、さてはて?

 

追記

原因が分からず、未だに問題の記事を公開にするとロックされてしまう始末。

……撤去じゃなく、削除してしまおうかしらん?

追記2

どうやら問題は解決したようだ。事の顛末を少し詳細に書いておこう。

 

ロック通告は突然に

bloggerで複数のブログを使っているユーザーは、ダッシュボードと呼ばれる画面から各ブログにアクセスできるのだが、このリストからブログの名前が消える。

で、別に「ロックされたブログ」という項目が出来てそこに隔離されるorz

ウェブマスターツールの警告

そして、googleのウェブマスターツールに誘導され、問題点の指摘がなされる。

どうやら、使ってはいけないコードを使っているらしい。

「マルウェアに感染している」というようなメッセージが出るのだ。

早速、問題のブログ(このブログだが)の記事のコードを確認。問題とされるコードはウェブマスターツールに示されているのだが、何故か記事にはそのようなコードが見受けられない。

 

しかし、このブログで使っているコードは、広告へのリンクとZenback、Linkwithinのコードのみだ。

だが、どちらのコードも他の記事にも同じものが貼り付けられている。

取り敢えずコードの貼り付け直しをする

しかし、警告されている以上は放置してもロックされたままである。

取り敢えず、コードに関連するものを全て削除して貼り付け直す。

そして、bloggerに対して「改善したので再審査してくれ」という要求をウェブマスターツールから要求した。

待つこと1日。

効果無し。

 

仕方が無いので、記事を非表示にして、再審査要求。

翌日、このブログ復活!

……だがしかし、折角書いた記事を非表示のママというのも面白くない。

再度、コードを見直して、記事を復活させる。→ ロックorz

 

何が悪いんだ-!

 

結局、記事は完全に削除してしまって、似たような内容の記事を書き直し、再審査要求。 → 復活して現在に至る。

 

記事自体に何か埋め込まれていた、という結論になるのだろうか?

納得いかない話ではあるが。

 

ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ

コメント





このブログの人気の投稿

ハンドブレンダーをオススメ

エーハイム2213、呼び水でホースを口で吸うのが嫌な人の為に