3人乗り自転車はお得?

以前買うかどうか悩んでいた三人乗り自転車だが、とうとう買ってしまった。

と、その記事前にも読んだよ!とお叱りを受けそうだが、どうにもマルウエアに感染しているという指摘を回避出来なかったので、悔しいけど再掲載である。

欲を言えば、アシスト付きが欲しかったんだけどなぁ。

3人乗り自転車に悩む

以前にもこの手の話はブログで書いた。

条例は確認しようぜ

3人乗り自転車

簡単に要約すると、基本的に自転車は二人乗り以上は禁止されているが、例外として条例で許可されている。

で、三人乗り自転車を買う場合はまず住んでいる地域の条例を調べてね、と言う話。

大抵、役所に問い合わせるか、警察署の交通課に聞けば教えてくれる。電話一本で済むし、ネットでも調べられるね。

 

で、三人乗り自転車を買うなら、BAAマークという安全性を高めた基準をクリアした自転車を選ぼうという辺りを書いた。

コストは問題

じゃあ、具体的に、何を悩むことがあるのか?と言われると困るのだが、簡単に言うとコストなんだよねー。

 

三人乗りの自転車って、6歳未満の子供しか乗せられないのが殆どのケースだけど、買うと7万くらい必要になるんだ。

普通のママチャリは登録費用込みで1万5千円くらいに収まる。だとすると、5万5千円分がランニングコストとしてペイできるか?って話になってくるわけ。

例えば、子供を保育施設に預けるのに、自動車で自宅から2km離れた場所に送るとすると、往復で一日8km、月に200km程度しか走らない。

我が家の車は9km/L辺りが平均燃費なので、22L位は送迎にガソリンが必要という計算になるね。

今は160円/L程度の価格なのだが、月額3500円程度の費用が必要という計算になるわけ。

1年で4万3千円程度だけど、これはフルに自転車で送迎できた場合なんだよねー。

大抵、雨が降ったり別の事情から車で送迎する必要が出てきたりして、利用率が6割くらいになると想定すると、年間25,600円の差額が出てくるってな話に。

 

この条件だと2年で元が取れるかなーくらいの話になるな。

 

悩むんなら、早めに買った方が良いぜ!

 

試乗は必須

じゃあってんで、買うにあたって、絶対にやって欲しいのは試乗。

買う、買わないにかかわらず、興味があるなら試乗は絶対すべきだ。

何はともあれ、3人乗り自転車は試しに乗ってみるのが一番。

というか、試し乗りさせて貰えないような自転車屋では買うべきでは無い。それ程、試し乗りは重要なのだ。

 

先ずはアシスト付き自転車

試乗するなら、アシスト機能付きをオススメしたい。

【送料無料】子供乗せ電動アシスト自転車 20インチ 豪華8大特典 選べるヘルメット 2014年モデル パナソニック ギュット アニーズ BE-ENMA032 【Gyutto Annys ギュットアニーズ 3人乗り対象子供乗せ電動アシスト自転車】

価格:123,444円
(2014/7/10時点)

坂道が多い場所や、3人乗せると言う話ならば、確実に試乗させて貰うべき。それも、子供達の協力は必須だ。

乗せた状態で試乗をする。

こぎ出しの楽さは直ぐにでも実感できるし、可能であれば坂道も試乗させて貰うことを強くオススメする。

 

ただ、価格は10万円超えになるので、上に書いたコストのメリットはかなり薄くなる。

送迎距離が長いとか、坂の上に保育施設があるとか、そういった事情が無いと、なかなか選びにくいよね。

でも、それでも5年間乗れば初期投資はペイできる訳で。

 

三人乗り自転車を吟味

アシスト機能付きに乗ったら、今度はアシスト無しも試すべきだ。

【完成車】【子供乗せシート新仕様】3人乗り対応 子供乗せ自転車 幼児2人同乗基準適合車 ノーリッシュ メイプル 3段変速 LEDオートライト仕様-さらに後ろ子供乗せシート【OGK】RBC-007DXを特別価格で!

価格:36,720円
(2014/7/10時点)

オススメ機能は、オートライトとハンドルロックかな?

オートライトは、今や珍しい機能ではないんだけど、前の座席が邪魔になってライトを操作しづらいという事情があって、3人乗り自転車には特にオススメしたい。

あと、ハンドルロックは、子供を前席に乗せるときに、ハンドルが動かないようにロックする機能。これ、意外に重要で、ハンドルを持たないうちに子供が動いて自転車が倒れるなんて事故を防ぐには、欲しい機能だよね。

 

後部座席は追加で買う

ところで、多くの3人乗り自転車には後部座席がついていない。

それ、2人乗りじゃん!と、突っ込みを入れたくなるのだが、追加で買わないとダメだ。

YAMAHA(ヤマハ) PAS電動自転車専用 3人乗り自転車対応! ヘッドレスト付コンフォートリヤチャイルドシート(後ろ子供乗せ)

価格:12,179円
(2014/7/10時点)

そりゃ、オプションとして最初から後部座席がついているヤツもあるんだけど、「ついている」と思って買ったらついていなかったでは目も当てられない。

 

買うなら、ヘッドレストつきをオススメするぜ!

ヘッドレストついていないヤツは、安いんだけど安全面では不安が残る。

子供にはヘルメットを被せて自転車に乗るから平気!とか思わないで欲しい。斃れた時に頭を守れるかどうかは、かなり大きな問題となるのだ。

 

 

注意事項

あとねー、試乗しに行って分かったんだけど、三人乗り自転車ってメチャクチャ重い。

10kg超えは普通なんで、自転車を持ち上げて収納しなければならない様な環境に住んでいる方は要注意だよ!

 

アシスト付きだともっと重くなるから、女性では持ち上げるのは無理!って程度には重い。

我が家では結局、アシスト無しの自転車を買ったんだけど、それでも自転車を持ち上げるのは遠慮したくなる重さだ。

 

そこんところは気をつけてね!

ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ

コメント





このブログの人気の投稿

ハンドブレンダーをオススメ

エーハイム2213、呼び水でホースを口で吸うのが嫌な人の為に