2014年5月6日火曜日

自作PCのセットアップ

2回にわたって、自作PCの組立を紹介してきたが、無事に組み付けが終わったのでセットアップである。

正直、メモリチェックなんかをやっておいたほうが良いのではあるが……、面倒なのでやらなかった。


OSのインストール

OSはWindows 8のアップグレード版である。

Microsoft Windows 8 Pro 発売記念優待版 (2013年1月31日まで:型番情報:3UR-00026)

新品価格
¥16,980から
(2014/5/5時点)

本来、OSのクリーンインストールするのであれば、アップグレード版を選んではいけない。

Microsoft Windows 8.1 (DSP版) 64bit 日本語

新品価格
¥12,020から
(2014/5/5時点)

この手のクリーンインストール可能なものを用意することが必要だ。

だが、我が家には正規版のWindows2000があり、以降、ずーっとアップデートしてきた。故に、アップグレード版で問題ないのだが、しかし、本来ならば、Windows2000、WindowsXP、Windows8とインストールする必要があり限りなく面倒である。

 

……ところが、実際にはそんな必要はなくて、いきなりWindows8のクリーンインストールをアップグレード版で行うことは可能だ。

ただし、2回インストールを繰り返す必要がある。1回目のインストール後には「使用不可」だよと、OSに警告されてしまうので、再度、インストールし直すのだ。

 

事前にHDDの中に空のWindowsフォルダを作っておく方法もあるらしいが、こちらは事前に使えるPCが無いとNG。あるいは、別のストレージにWindowsフォルダがあってもいいらしいが、トライはしていない。

 

まあ、そんなこんなでOSインストール自体は問題なく行えた。

 

ネットワークを認識しない

ところが、問題発生。

Windows 8がネットワークを認識しないのである。

起動は早くなって、結構快適かな?とか思っていたら、早速わけがわからない状況に。

 

ネットに繋がらないと、当然ながらWindowsUpdateも行えない。ライセンス認証すらできないのだから(電話では可能だ)、困ったものである。

 

原因はよくわからないのだが、OSがネットワーク機器を認証しないのである。

イーサネット接続したいのに、ドライバが見つからない!!

 

いろいろ考えた挙句、マザーボードに付属してきたDVDにあった、「XFast Lan」というドライバをインストールしたら、イーサネット接続できるようになった。

一体何なんだっ!

まあ、結果的にいうと、その程度の混乱で、自作PCの準備は終了し、めでたくWindows 8が使えるようになったわけだ。

 

Windows 8.1をインストールする

Windows 8を使っているユーザーは、迷わず8.1にアップグレードしておこう。

表面上は、左下にウインドウスマーク出てくるだけの違いで大差は無いんだけど(汗

 

ああ、スタート画面右上に電源ボタンが追加されたのも、個人的には割とGoodだ。

最初は、どうやって終了させたらいいんだ!とか思ったものだが、この改善は素直に喜びたい。

 

Windows 8は今後も細かい改善が行われていく予感なので、多少はマシなOSになるような気はする。

 

……尤も、Windows8が使えるようになるには、今までの環境を引き継いだソフトウェアなんかを移植手術するという面倒な仕事が残っているんだけど。

ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ

0 件のコメント :

コメントを投稿