2014年5月3日土曜日

自作PC組立 その2

マザーにメモリとCPUをくっつけたら、次のステップに。

次はCPUクーラーを取り付ける。


CPUクーラー

CPUの上にはCPUクーラーを取り付ける。

CPUファン

CPUファン1

こんなのが、CPUボックスを買うと付いてくるので、クロックアップしないんなら、こいつをくっつければOKだ。

CPUファン取り付け2

こんな感じに取り付け……、ハイ、これ、間違っているわけなんだが、気が付くのは後のことになる。

電源を取り付け

写真を撮り忘れたので、その様子を示す写真は無いのだが、電源取り付けは実は結構悩んだ。

Antec ゲーミングケース THREEHUNDREDTWO

新品価格
¥9,250から
(2014/5/3時点)

このタイプのケースは電源を下に取り付けるが、配線は電源を上に取り付けることを前提にしているらしい。HDDやマルチドライブへの配線の取り回しがおかしなことに。

まあ、配線の長さに余裕があるので何とかはなったが、すっきりしない感じだ。

良いのやら、悪いのやら。

 

それでも無事取り付けられた模様。

 

全体的に、マザーボードのどこにどのケーブルを差すのかは、良くわからなかった印象だ。

まあ、規格ごとに形は違うので、説明書をよく読めばなんとかなると思う。でも、わかりにくかったんだよねー、この説明書。

Windows 8のインストール

電源ケーブルがそれぞれ所定の場所にささると、次はインストール作業に。

インスト

インストールDVDをマルチドライブに入れて、起動すると勝手にインストールが始まる。

 

……で、インストール中に気がついたのだが。

筐体1

ピントが合っていないが、CPUクーラーが動いていない……。

え?動いてない??

 

原因は……、色々悩んだのだが、わかってみれば簡単だった。

CPUクーラーの周りにあるケーブルは、出荷状態だとクーラーの周りに巻きつけられている。だが、その状態ではケーブルがファンの動きを止めているので、回らない。

CPUの説明書も英語だ。読めねーって。まあ、図を注意深く見ればわかったかもしれないんだけど。

筐体

CPUケーブルを解いて配線したら、ちゃんと回るようになった。

一安心である。

 

まあ、また続きます。

ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ

0 件のコメント :

コメントを投稿