2014年5月15日木曜日

折りたたみ傘が欲しい

僕は、通勤時には晴れていても必ず折りたたみ傘を持ち歩いている。

だが、これが結構消耗が激しい。大抵1年くらいで壊れてしまうのである。

そんなわけで、そろそろ傘の買い換えを考えて居るのだが……。

折りたたみ傘のメリット

正直、折りたたみの傘というのは常用するには意外に使いにくい。

持ち手部分が小さいのが多い為、さしにくいし、傘の半径が小さい物が多いからである。

だから僕は、出来るだけ傘の半径が60cm以上になるものを選んでいる。

ottostyle.jp 雷威人3 直径120cm ジャンボ自動開閉折り畳み傘 【デュポン社撥水テフロン加工/収納ケース付き】 (ブラック)

新品価格
¥1,980から
(2014/5/15時点)

この辺りの大きさであれば、雨が強くても両肩が濡れることが少ない様に思うからだ。

ただ、傘の直径が大きくなるとその分携帯性は損なわれるという欠点は出てきてしまう。

その辺りをどう考えるかは、なかなか難しい。

 

折りたたみ傘のメリットとしては、やはり携帯性が高いことだろう。僕は自転車で通勤する区間があるので、傘は折りたたみでないと、携帯できない。

ただ、朝から雨が降っている場合、自転車では出勤しない。そうした場合にはそもそも折りたたみのメリットは無いので、あくまで緊急時用に、ということだ。

Knirps Fiber Y1 折りたたみ傘 Navy KNF870-120

新品価格
¥4,104から
(2014/5/15時点)

ドイツの折りたたみ傘の老舗、クルニプス辺りならば、耐久性もそこそこ期待出来そうだ。尤も、Amazonのレビューを見ると、耐久性に難あり、と言う事らしいんだけど(苦笑

デザイン性は秀逸だな。

totes AUTOMATIC OPEN & CLOSE TITANIUM BLK A254

新品価格
¥3,888から
(2014/5/15時点)

こちらはアメリカの傘メーカートーツのもの。やはりデザインは悪くないな。

(モンベル)mont-bell トレッキングアンブレラ BLBK(ブルーブラック) #1128247

新品価格
¥4,860から
(2014/5/15時点)

だが、僕がかうとしたらやはり日本メーカーのものを選びたい。

モンベルの傘は丈夫だとの謳い文句だが、どうなんだろう?傘の先端に紐が付いている構造は謎だな。それに、携帯性を重視する余り、直径が小さいのも僕としては問題だ。

軽量カーボン骨折畳み傘 65cm 大判 無地 テフロン加工 紺

新品価格
¥3,240から
(2014/5/15時点)

この辺りを選ぶのが無難なのかも知れないな。  

ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ

0 件のコメント :

コメントを投稿