自作PCを更新する その3

えっと、前回までで色々と決まってきたので、後はさくさくと行きたい。

とはいえAMD系CPUのチョイスはやってないんだよなー。グラボを入れない構成でHD8670D相当の性能が確保出来るのは魅力的なのだが、うーん。

まあ、それはともかく、Intel系CPUの方はダイブ絞れてきたので、次はメモリだ!

DDR3-1600相当のメモリをえらぶ

ハイスペックなマザーだと、DDR3-2133とかサポートしているわけだが、前回までに選んだマザーはDDR3-1600までしかサポートしていない。

よって、それ相応のモノを選ぶべきだろう。

【Amazon.co.jp限定】シー・エフ・デー販売 デスクトップ用メモリ DDR3 PC3-12800 CL9 4GB 2枚組 ヒートシンク付 W3U1600HQ-4G/N 【フラストレーションフリーパッケージ(FFP)】

新品価格
¥9,999から
(2014/4/10時点)

コイツなんかは結構売れ筋のようなんだけど、4GB×2とか、なかなか(汗

シー・エフ・デー販売 メモリ デスクトップ 240pin PC3-12800(DDR3-1600) DDR3 4GB(2GB x 2枚組) W3U1600HQ-2G

新品価格
¥5,600から
(2014/4/10時点)

こちらが2GBが2枚組。コスパは4GB×2の方が明らかに良いけど、さて、どうしたモノか。

ちなみに2枚組の方が色々と都合が良い(デュアルチャンネルが利用出来る)ので、2枚組で選ぶのが良いだろう。

メモリは多いに越した事は無いが、しかし、PCをそう大した目的に使うわけでも無い。まあ、合計4GBあれば良いことにしようかなぁ。

光学ドライブを選ぶ

光学ドライブは、もうDVDマルチドライブを選んでおけばOKだ。使用頻度から言ってもそれ程性能を気にする必要は無いしな。書き込み速度とか読み込み速度はそれなりに影響はあるけど、

ASUS DVDスーパーマルチ DRW-24D3ST

新品価格
¥2,280から
(2014/4/10時点)

無難に台湾製のドライブを選んでおこう。ちなみに、国産ドライブに拘る必要があるか?だが、ハッキリ言って無いだろう。

DVDの使用頻度が高くて、信頼性が欲しいというのであればパイオニア辺りを選ぶのが無難だろうが、そうでなければ敢えて国産品を選ぶ程の話でも無い。BD-Rまで欲しいなら別だが。

電源を選ぶ

色々決まったら、最後は電源である。

電源は容量を気にしなければならず、計算できるサイトがあるので参考にして欲しい。

皮算用

えっと、ザックリ計算してピーク電流が150W程度なので、今後、RAIDなどを組む、或いはメモリを増やす、グラボを増設する等のことがあったとしても、300Wもあれば足りる計算になる。余裕を見ても350Wあれば十分だ。

玄人志向 ATX電源 400W KRPW-L4-400W/A

新品価格
¥3,036から
(2014/4/10 21:31時点)

この辺り……か?

正直、あまりに安価な電源は不安を感じる。又、必要以上に大きな容量の電源を選ぶ必要は無い。本当ならば、80Plusといったような高効率の電源が望ましいとは思うんだが。

玄人志向 80Plus Gold 400W SFX電源 KRPW-SX400W/90

新品価格
¥6,917から
(2014/4/10時点)

この辺りが無難なのかも知れないが、んー、悩ましい。

玄人志向 ATX電源 500W 80PLUS Bronze KRPW-SS500W/85 /A

新品価格
¥5,918から
(2014/4/11時点)

間をとって、この辺りか。 まあ、もうちょっと考えることにする。

ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ
Zenback読み込み中です。
Zenback読み込み中です。

コメント





このブログの人気の投稿

ハンドブレンダーをオススメ

エーハイム2213、呼び水でホースを口で吸うのが嫌な人の為に