自作PCを更新する その1

まーあれだ、趣味の範囲だよっ!

Shuttle インテルH61搭載 LGA1155 ベアボーン SH61R4

新品価格
¥15,426から
(2014/4/10時点)

さて、自作PCといっても1から組むのであればベアボーンなんて手段もアリだ。

寧ろ相性問題もあるので、積極的にオススメしたいところ。

だがしかし、ベアボーンでは面白くない! 

ベアボーンを使うと余っているPCケースが再利用できないという問題が。

CoolerMaster社製 Silencioシリーズ Micro-ATX対応静音ケース SIL-352M-KKN1-JP (Silencio 352)

新品価格
¥8,528から
(2014/4/10時点)

我が家には、数年前に買ったPCケース様が未だに使われないで寂しく佇んでいらっしゃるので、こいつを使わないという選択肢は残念ながら無い。

 

となると、ベアボーン路線は諦めざるを得ないんだな。

 

CPUを選ぶ

さて、HDDだけ換装するという方法は既に諦めているので、費用を工面して簡素なマシンを組む路線で考えたい。

となると、最初に決めるのはCPUである。

AMDは今更か

どうにも僕はひねくれたところがある様で、自作PCは3代続けてAMDに拘ってきた。

いや、正確に言うとコスパが良好なのである。

AMD A-Series A4 4000 ソケットFM2 TDP 65W 3.0GHz×2 GPU HD7480D AD4000OKHLBOX

新品価格
¥5,400から
(2014/4/10 15:57時点)

じゃあ、って訳で今回もAMDのCPUを選ぼうか?という段になって、探しても探してもAMDのCPUが見当たらない。

いや、GPUを搭載したAシリーズ(APU)は残っているのだが……。

 

調べたら理由は分かった。なんとAMDは2013年12月に経営戦略変更を発表し、APU開発に絞る方向に生存戦略を見いだしたらしい。

つまり、自作PC派は選択肢がIntel系CPUだけになってしまったと言う事だ。

 

無論、Aシリーズを選ぶという選択肢はある。だが、そもそもCPUとGPUを一体化した理由は、スペース効率くらいしかなく、結果、タワー型PCでAシリーズを選ぶ理由は殆ど無いわけで。

 

IntelならばLGA1150か

だとすると、インテルのCPUをチョイスするのはありだ。

AMDよりintelの方が同じ周波数ならパフォーマンスは高い。

だが、そこで問題になるのがCPUソケットの規格だ。後でCPUを交換する気があるなら、LGA1150を選ぶべきだろうし、そのつもりが無ければLAG1156の規格を選んだ方が若干安く上がる。

Intel CPU Pentium 3.20GHz 3Mキャッシュ LGA1150 BX80646G3420

新品価格
¥7,277から
(2014/4/10時点)

悩みどころではあるな。

キャッシュメモリが多いものを

……うーん、同じ価格なら性能が高いものをというコンセプトで、1万円前後のCPUを選ぼうと思うと、やっぱりAMDになりそうな……。

 

いやしかし、取り敢えずintelでチョイス。

 

intel intel
CPU Pentium Core-I3
コア/スレッド 2/2 2/4
ソケット LGA1150 LGA1150
キャッシュ 3MB 4MB
クロック 3.2Ghz 3.5Ghz
TDP 53W 54W
最大メモリ 32GB 32GB
命令セット 64bit 64bit
メモリ種類 DDR3-1333/1600 DDR3-1333/1600
価格(amazon) 7,277円 14,666円

PentiumとI3を並べてみたが価格は倍でもスペックは大差ないように思えるな。

だとすると、取り敢えずはBX80646G3420を選んだ方が良さそうだ。

 

キャッシュメモリは1GBの違いだが、性能的にここは案外大きいのかも。しかし、価格差を考えればどうすべきかは悩ましいな。

 

次に、参考までにAMDのAPUをチョイス。ただし、似たような価格帯で選ぶことにする。

 

AMD AMD
CPU A6 6400K A10 5800K
コア/スレッド 2/2 4/4
ソケット FM2 FM2
キャッシュ L2 1MB 4MB
クロック 3.9Ghz 3.8Ghz
TDP 65W 100W
最大メモリ 32GB 32GB
命令セット 64bit 64bit
GPU HD8470D HD7660D
メモリ種類 DDR3-1866/1600 DDR3-1866/1333
価格(amazon) 8,350円 13,980円

AMDで似たような価格帯をチョイスするとこんな感じ。ロースペックの方は断然Pentiumだな。

ちょい上ならA10を選択する余地はありそうだ。I3よりスペックは高いっぽい。ただし、TDPはほぼ倍だ。電気を食うでぇ。

A10選ぶなら、A8が12,850円辺りで出ていて迷う。ただ、巷の噂ではA8選ぶならI3選んだ方が無難だという話も。

この辺りは技術力の差といえるかも知れない。

コスパを考えるとPentiumだが、グラボと併せて考えるか否かでちょい変わってくるかも?

ただし、載っているGPUは専用のメモリではなくメインメモリを喰うので、パフォーマンスとしてはグラボを乗せた方が幸せになれるかも知れない。

 

ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ

コメント





このブログの人気の投稿

ハンドブレンダーをオススメ

エーハイム2213、呼び水でホースを口で吸うのが嫌な人の為に