2014年4月9日水曜日

ランドセル置き台の使用感

えーっと、このブログでも紹介したヤツを、家で実際に使っている。

ランドセル置き場をつくろう

これ、まあ安いだけあってモノもそれなりだったんだけれど……、ランドセルを置く台という意味ではちょっと失格かも。

良い点

この「親子でチェック時間割ラック」という商品だが、教科書をしまったり出したり、が、分かりやすい点は評価出来るポイントだと思う。

棚に細かい仕切りが付いているのは、沢山の本が入らないというデメリットがあるけど、実際のところ、小学生が使う教科書の数はたかが知れているわけで。

寧ろ、教科書が倒れたりしない分、棚の使い勝手は良好だ。

縦でも横でも使えるというのも良い

個人的には横の方が良い気がするんだけど、子供達は縦をセレクト。それでも問題無く使えている。

下のスペースも、別途カゴを用意して、細々としたモノを入れるのに便利だ。

 

良くない点

ただ、嬉しくない点もある。

例えば、ランドセルを置く場所なのだけれど……、本来、ランドセルは立てて置くように考えられている様なんだけど、ランドセルを立てると倒れやすいし、寝せると棚からはみ出すしで、イマイチである。

ついでに、ランドセルを置いたまま蓋を開けたりすると、倒れたり落ちたりと、面倒な感じだ。

背の低い子供達にとっては、ランドセルはいちいち床に置いて作業する必要があるというのは、面倒みたいだね。使い方次第だとは思うけど。

 

次に、教科書を入れるところだが……、もうちょっと仕切りを浅くしても良かったんじゃ無いか?と、そう思う。

だって、教科書が棚の中に入り込んでしまうと取り出しにくいことこの上ない。

1つの仕切りの中から、全部の教科書を出して作業をする、なんてケースも有るので、もう一つ工夫が欲しい所。

 

あと、引き出しなんだけれども、構造がイマイチで、製品によっては外れ易いようで

どうやら、表と裏で色を変えられる仕様にしているのが裏目に出ている模様。2タイプの色を用意するのは良いにしてもリバーシブルにして気分によって変更できる仕様は失敗なんじゃ無いかと。

きっちり接着剤か何かで固定できるような構造の方が色々と都合が良いと思うんだが。

 

【Amazon.co.jp限定】 SHIRAI マナビア カウンター下ランドセルラック MNV-6565HC NA

新品価格
¥10,080から
(2014/4/8時点)

個人的にはこんな感じのもう少ししっかりしたタイプを買った方が良かったのかも?と、思わなくも無いな。

整理をする癖が付く

とはいえ、ランドセルが帰ってくる場所が決まっているというのは、良いことだと思う。

子供達にも言えばちゃんとランドセルをいつもの置き場所に、という意識付けが出来ているようだし、モノが無くなるといった事も殆ど無くなったようだ。

 

それでも、時々は見てあげて、一緒に整理をしないと、引き出しの中など凄い事になっちゃうけど(汗

 

ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ

0 件のコメント :

コメントを投稿