安くなってきたLED電球を導入してみた

ここ半年ばかしでずいぶんに値段がこなれてきた感があるLED電球。

Panasonic LED電球 EVERLEDS 一般電球タイプ 全方向タイプ 10.0W (電球色相当) E26口金 電球60W形相当 810 lm LDA10LGZ60W

新品価格
¥1,780から
(2014/1/7時点)

年末の大掃除の際に、電球が切れていたので買ってみた。

……明るい!!

いやー、技術の進歩って凄いね!

蛍光灯の代わりに

このブログでは水槽の照明なんかにも採用しようか?と検討していたので、個人的にはなじみ深いのだけれど、採用するか?というとコストが見合うか?と言う点でちょっと懐疑的だった。

だって、割と蛍光灯の性能も侮れないものがあるし、消費電力はそれ程低くならないし。

 

だけど、60w級までで限定すれば、蛍光灯より断然メリットがある様な気がする。

東芝 E-CORE(イー・コア) LED電球 T形 7.4W (E26口金・白熱電球40W相当・485ルーメン・電球色) LDT7L-G

新品価格
¥1,493から
(2014/1/7時点)

ただ、スリムでハイパワータイプって話になってくるとなかなか蛍光灯の代わりになりにくいって話もあるし、100w級を超えるともう蛍光灯や電球などの大体にならないほど値段があがっちゃって話にならないのが実情。

60w級も、最近蛍光灯の球が値下がりしている模様で、よく見て買わないと寿命が延びる分を差し引いても蛍光灯の方が安く上がるなんてことはあるだろう。

Panasonic パルックボール A60形 電球60形タイプ E26口金 電球色 EFA12ELF

新品価格
¥430から
(2014/1/7時点)

60w級で500円を切るレベルだと、正直、デフレ進行しすぎだろう!と思わなくも無い。

 

口金具を選ぼう

一応、LED球を選ぶ際には、この辺りから話をしていくのが良かろう、と思う。

Panasonic パルックボールプレミア D25形 電球色 電球100形タイプ E26口金 1450 lm EFD25EL20H

新品価格
¥1,290から
(2014/1/7時点)

これ、 今年交換した電球と同タイプで、100型タイプとあるが、重要なのはまずE26口金という部分だ。

口金の規格はE15とE26の2タイプあって、これを間違うと先ず取り憑かないので注意が必要だ。

明るさを選ぼう

上のパルックボールは100型と書いてあるので電球100w相当の明るさである。明るさの基準としてもう一つ参考になるのが1450lmという部分。

LED電球を選ぶにしても、これに相当する明るさを選ばないと、交換したら暗くなった!なんて事態になりかねない。

大きさを比べよう

ここは見落としがちだが重要な部分で、特に電気器具に取り付けられないようでは意味が無い。

amazonでもサイズが書かれて居る事が多いが、意外に誤記があったりするので、メーカーサイトで大きさを確認することをお勧めする。

ヤザワ クリップライトE26電球なし ホワイト CLX605WH

新品価格
¥718から
(2014/1/7時点)

例えば、こんな感じのクリップライトを選ぶ場合、傘の内径を先ず調べる

ここは、「セード : 径90mm×奥行き150mm」とあるので、蛍光灯或いはLED球の外径と長さを調べる必要がある

外径は指が入ることも考えようね!ギリギリのサイズを選ぶと、電球取り付け時に電球を回せないなんて恐ろしい事態が発生するから。

長さも重要だ。傘からはみ出るような大きさのものを選ぶと、火傷したり場合によってはガラスを割ってしまったりと結構宜しくない。

 

消費電力を比べよう

一般的にはLED電球よりも蛍光灯電球タイプの方が消費電力は高いが、LED電球が蛍光灯電球の4倍の寿命があるからといって(注:寿命4倍と書いてあっても、実際の定格寿命を比べないと比較にならない)

4倍以上のお金を払ったら本末転倒だし、消費電力のことも考えた方が良いだろう。

最近の蛍光灯は消費電力が下がってより明るく長寿命になっている傾向にあるので、蛍光灯の方がコストパフォーマンスが良い!ってな結果になることもしばしばある。

 

電灯の色について

LED電球は演色が低い傾向にあるので、食卓なんかにLED電球を使う場合、なんだかご飯が美味しく見えない、なんて事態にもなりかねないので要注意である。

イメージで言うと、LED電球の方が寄り冷たい感じの色になる。

加えて、発色自体も少々おかしい感じになるケースがあるので、化粧をする場合や色を確認するような場合には不向きという話にもなる。

この辺りは注意されたい。

 

それでも明るく感じる

ちなみに、蛍光灯に比べてLEDの方が明るく感じる傾向にある。

これは人間の目にその様に見えるだけで、実際に明るい訳ではないようだ。

 

この辺りは個人差もあるらしいので、実際に使ってみなければ分からない部分ではあるが……、個人的には大満足の結果に終わった。

余り気にしていなかったが、電灯のスイッチを入れてからのタイムラグが減ったのも嬉しい。

 

あとは、長持ちしてくれれば、と、思う。

ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ
 

コメント





このブログの人気の投稿

ハンドブレンダーをオススメ

エーハイム2213、呼び水でホースを口で吸うのが嫌な人の為に