テープ糊も便利

最近は、修正テープのような糊(のり)も出てきて、色々と便利だね。

コクヨ テープのり ドットライナー ロング 大容量タイプ 36m 瞬間接着 しっかり貼るタイプ タ-DM4400-10

新品価格
¥403から
(2013/11/11 時点)

個人的にはスティック糊の消えいろPITが好きなのだが、便利さでいえば、断然テープのりの方に軍配があがると思う。

誰でもムラ無くのりが塗れる

若干のコツは必要だが、基本的には修正テープと使い方は同じ。

修正テープも画期的な発明だったと思うが、コイツもかなり便利だ。使い慣れれば、だが。

コクヨS&T <ドットライナー>つめ替えテープ3個パック強粘着 [タ-DM400N-08用]

新品価格
¥500から
(2013/11/11 時点)

詰め替えも修正テープと同様に、ラインナップされているので安心だ。

コイツの凄いところはドットライナーという名前にあるように、 のり部分がドットになっていること。

dot

コレのお陰で、塗り始めや塗り終わりがピタっと決まるのだ。

他のタイプだと、上手くのりが切れなくて糸を引いたり、と、ちょっと不便だったが、その点が改善されているのが素晴らしい。

 

のりを塗る面に色がつくのも嬉しい。

ラインナップ的には模様付きのタイプもあるので、好みに合わせて選んでみたい。

コクヨ テープのり「ドットライナー」ハート柄 8.4mm×16m タ-DM405-08

新品価格
¥252から
(2013/11/11 時点)

これはハートのタイプ。

難点はコスト

正直、このドットライナーは詰め替えタイプを使ったとしても、ランニングコスト的には結構高くなる印象だ。

イメージ的にはスティックのりタイプの1.2~1.5倍程度のコストはかかる模様。調子にのって使っているとすぐに無くなってしまう印象は否めない。

尤も、使うシーンが違うこともあるし、貼り直しとか少なくなるので、簡単には比べられないんだけど。

利便性を取るかコストを取るかという点は、なかなか難しい問題かもしれない。

 

ただし、綺麗に均一に塗れるっ!っていう点ではかなりポイントが高いし、満足度も高い

一番のメリットはは、はみ出にくいというストレス緩和効果かな。


ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ

コメント





このブログの人気の投稿

ハンドブレンダーをオススメ

エーハイム2213、呼び水でホースを口で吸うのが嫌な人の為に