自転車のバルブキャップが壊れたので、新しいのを物色してみる

僕の通勤に使っている自転車は台湾製のクロスバイクで、Gaiantというメーカーの初心者向けの奴である。

が、仏式バルブを採用してくれているお陰で、結構面倒だ。

仏式バルブ1

こんな感じのバルブなんだが、こいつが被っているプラキャップが意外に簡単に壊れるのである。

仏式バルブ
タイヤとバルブの話

仏式(フレンチ)バルブの自転車は実は割と多い。無論、日本で普及しているのは英式バルブで、ママチャリや似非MTBなんかは、殆ど英式バルブを採用している。

 

じゃあ、なんで仏式バルブなんか、と思われる方も居るかと思うのだけれど、英式バルブは高圧タイヤに対応できず、タイヤの空気圧を高めて設置面積を減らし、自転車の転がり抵抗を少なくする。つまり、軽く走れるようにすることが難しい。

この点、仏式バルブは高圧タイヤに対応できるので、ロードマンやらクロスバイクのような高圧のタイヤを利用する自転車は割と仏式バルブを採用する所が多い。

キャップの話

で、通常は、最初の写真に示したバルブの先端に、黒いプラキャップが被っている。

仏式キャップ付き

こんな感じだ。

ところが、これ、直ぐ壊れるんだなぁ(涙

Bazooka(バズーカ) フレンチバルブキャップ ゴールド

新品価格
¥315から
(2013/8/29 18:56時点)

そんなわけで、アルミ製のキャップが売られている。

ところがこれ、小さい割に高いんだよね(涙

KCNC バルブキャップ PR FV ゴールド 760069

新品価格
¥472から
(2013/8/29 時点)

こんなちっちゃなパーツに600円も出すのがorz

 

空気入れ

自転車の空気入れに関しては、前にも記事にした

Panaracer(パナレーサー) アルミ製フロアポンプ [エアゲージ装備] イエロー 米式/仏式バルブ対応 BFP-04AGA-Y

新品価格
¥1,542から
(2013/8/29 時点)

当然、仏式バルブ対応の空気入れが必要であり、 必要に応じて、アダプターも用意しておくと良い。

Bazooka(バズーカ) フレンチバルブアダプター レッド

新品価格
¥263から
(2013/8/29 時点)

大抵は、 仏式バルブ対応の空気入れアダプターが付属しているが、ちっちゃな部品だけに無くしかねない。

或いは、こんな部品を揃えておくと便利かも。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) バルブ変換アダプター 仏式→英式 Y-3501

新品価格
¥180から
(2013/8/29 時点)

こいつは、仏→英式の変換アダプターなので、 日本で販売されている英式空気入れの殆どに対応してくれる。緊急時には便利だろう。

ただ、この仏→英式の変換アダプターを使うと、高圧で空気を居られないのが難点かな。

  そんなわけで

例に漏れず、僕のクロスバイクのバルブキャップも、前輪、後輪とも、壊れてしまった。

まあ、キャップが壊れたからと言って、仏式バルブの場合はそれ程問題にはならないのだが、バルブ先端保護の意味合いからも、キャップは付けておきたい。

アリゲーター アルミフレンチバルブキャップ (仏式)2個 ブルー

新品価格
¥219から
(2013/8/29 時点)

何色にしようかなぁ?

ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ

 

コメント





このブログの人気の投稿

ハンドブレンダーをオススメ

エーハイム2213、呼び水でホースを口で吸うのが嫌な人の為に