スズムシを飼う

えっと、最近スズムシを飼い始めた。

802【鈴虫・スズムシ】 鈴虫オス10匹、メス10匹 計20匹(成虫、幼虫混合)

新品価格
¥2,625から
(2013/8/21 時点)

初めての経験なので、よく分からない。そんなわけで、ちょっと調べてみた。

 

スズムシ飼育の方法
飼育環境について

まずは、飼育する箱だ。意外に飼育密度は高くても大丈夫のようだ。

マルカン プラケースワイドビューBL(大) PW-04BL

新品価格
¥876から
(2013/8/21 時点)

こんな感じのプラケースがあれば、10~15匹くらいは平気ってことらしい。

マルカン 鈴虫の用マット 1.5L M-100

新品価格
¥98から
(2013/8/21 13:20時点)

飼育ケースの中にはこんな感じのマットを敷こう。庭の土でも良いが、アリやクモなどの外敵に弱いため、そういったものを除く必要があることと、ある程度の湿り気を確保するために保水力の高い素材を選ぶのが好ましい。だから、専用のマットを選んだ方が良いそうだ。

僕の場合は、家にカブトムシ用の昆虫マットの在庫があったのでそれを使った。が、結構乾燥するようだ。出来るだけ暗くて湿った場所を用意して上げた方が良いらしいので、もう一工夫必要っぽい。

フジコン スズムシの隠れ家 鈴虫の快眠ハウス C-128

新品価格
¥128から
(2013/8/21 時点)

スズムシを飼うには隠れる場所が必要らしい。何でも、広い場所では落ち着いて居られないんだとか。別にこういった製品に手を出さなくても、道端の石やら枯れ木やら、植木鉢の欠片やらを拾ってきて置いても良い様だ。

鈴虫の天然ゴケ 6g

新品価格
¥136から
(2013/8/21 時点)

後は、補水する場所が必要なようなので、保水力の高い苔類を入れてやったり、スポンジみたいなもので代用すると良いらしい。

エサについて

KW-12 鈴虫の夏野菜ゼリー 10個

新品価格
¥122から
(2013/8/21 時点)

こういった、昆虫ゼリーなんかも手軽に使える補水アイテム兼食料ってことになるようだ。

マルカン 鈴虫のエサ 徳用 90g

新品価格
¥158から
(2013/8/21 時点)

エサだが、キュウリ、ナスが定番なのだが、実はこの夏野菜、直ぐに腐る。何度か試したが、丸1日で腐敗するようで、始末に負えない。

色んなサイトで、串に刺してやると腐りにくい、という話が出ているのだが、残念ながら、我が家では昆虫マットを使っているお陰で、土に串を絶てると言うことが難しい。

そんなわけで、器を用意して乾燥タイプのエサをセレクトするのが良いようだ。

後は、鰹節とか、ニボシとか、そういった動物性タンパク質を含むエサを用意する事も大切らしい。エサが不足すると共食いするらしいよ?

パン粉など、炭水化物もOKってことのようだ。

にんじんを与えると鳴き声が良くなるとかいう話もあるようなのだが……、真偽は定かで無い(苦笑

日々の管理について

補水できるように苔を湿らせておくことと、エサを毎日与えること。腐ったエサはさっさと撤去すること。

飼育環境の湿度を確保するために、ある程度、土が乾燥してきたら、霧吹きなどで湿らせてやると良いだろう。

 

雑食性で、割と頑丈なムシなので、それ程神経質にならなくても飼育は可能なようだ。

ペアで飼えば卵を産んで、翌年には子供が育ってくれると思われる。

ただし、売られているスズムシは、血が濃くなっているそうなので、翌年のペアリングの際には、新たに数匹、成虫を飼ってくることをオススメする、とのこと。

 

我が家では、幼体から飼い始めて1週間程度しか経っていないので、まだ鳴くことは無いのだが、そのうち綺麗な声を聞かせてくれるのでは無いか?と、期待している。

ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ  

コメント





このブログの人気の投稿

ハンドブレンダーをオススメ

エーハイム2213、呼び水でホースを口で吸うのが嫌な人の為に