2013年7月31日水曜日

カメラのリモートコントローラーを買った

以前にも、CANONのEOS Kiss X2を所有していることは書いた。が、今回はリモートコントローラというアイテムを買ってみた。

Canon リモートコントローラー RC-6

新品価格
¥2,023から
(2013/7/31 時点)

こんな奴である。

リモートコントローラーで何が出来るか?

名前の通り、遠隔操作が出来るのが、このCANON純正のリモートコントローラ RC-6なのだが、それ以外にも色々出来ることがある。

5m程離れた場所からの遠隔撮影

なんといっても遠隔撮影が可能な点がリモートコントローラ RC-6の一番のセールスポイントだ。

メーカーサイトでは5mと謳っているが、実際には条件にもよるが10m程度であれば離れても撮影が出来る様だ。

こちらのサイトでは検証がなされているが、カメラ正面から所定の角度の範囲であればある程度の距離まではOKなんだとか。逆に、カメラの背面からだと、近くからでも撮影は出来ない模様。

注文したばかりでものが手元に無いからこの辺りは届いてから実験してみよう。

 

2秒後レリーズ機能が使える

集合写真などの場合、撮影者はタイマーのスイッチを押して走るか、自分は映らないという選択肢しかないが、リモートコントローラ RC-6を使えば、離れた位置からでもカメラのスイッチが押せる。

が、2つのモードがあって、即レリーズ(ボタンを押した瞬間に撮影)と2秒後レリーズ(ボタンを押してから2秒後に撮影)が選択できる。

 

2秒後レリーズなんて、意味ないだろう?なんて思って居たが、よく考えていたら撮影時にボタンを押した手がボタンを押した恰好で映るのは美しくない。

そういう意味では2秒後レリーズの意味はあるのだ。2秒あればポーズを取る時間くらいは稼げる(苦笑

 

バルブ撮影が出来る

一応、EOS X2もバルブ撮影モードがあり、絞り値を設定するダイヤルを回してBULBを選択すると、シャッターボタンを押している間だけ露光を行う機能がある。

何が撮影できるか?というと、花火とか星空が撮影できるのである。

ただし、長時間露光は露光中にカメラが動いてしまうと、撮影した画像もぶれてしまう。このため、撮影する際にはカメラに直接触るのは現実的では無い。

その為に、リモートコントローラーやリモートスイッチが存在するのだ。

Canon リモートスイッチRS-60E3

新品価格
¥1,500から
(2013/7/31 時点)

だがしかし、僕は両方持っていなかったので、今回購入に至ったというわけ。

 

三脚を使っての撮影にも便利

三脚を使う撮影の目的は、集合写真の様な撮影者がカメラを持てない状況にあるケースに対応するためとも言えるが、他に手ぶれを極力減らしたいシーンでも活躍する。

前述した長時間露光撮影も手ぶれは厳禁だが、シャッタースピードを上げて撮影する様なケースでも、手ぶれ補正が聞かないケースが多い。

 

こうした場合にもリモートコントローラ RC-6は活躍する。

割と外れを引く可能性は高いが、純正ではないリモートコントローラも売られており、お値段は純正の1/5である。

【1年保証】Canon(キャノン)リモコン RC-6 互換品 Kiss X7i X7 X6i X6 X5 X4 60Da EOS M 対応

新品価格
¥480から
(2013/7/31 時点)

いきなり純正は手が出せないというのであれば、こういった辺りから試すのもありだろう。尤も、信頼性については何とも言えないが、コストパフォーマンス的には優れていると言える。

ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ  

0 件のコメント :

コメントを投稿