2013年7月22日月曜日

一眼レフカメラのエクステンションチューブを買おうか迷う

最近、アクアリウム関連に傾きすぎたので、本日は別の話題も。

カメラが趣味、と言うほどでも無いが、撮影する機会は割とある。

EOS KISSくらい、どこの家庭にもおいてありそうな位普及しているのだが、いざ撮影となると、やっぱり敷居が高いのだろうか?

そんなこんなで、買うかどうか迷っているのがこちら。

Canon エクステンションチューブ EF12II

新品価格
¥6,980から
(2013/7/22 時点)

手持ちのレンズでも接写が可能になるという魔法のアイテム(と言うほどでも無いが)なのである。

エクステンションチューブの効果:被写体に寄れる

メーカー純正エクステンションチューブなので、AE機能(自動露光機能)は付いている。

DigitalSupply エクステンションチューブ Canon用 接写リング

新品価格
¥1,500から
(2013/7/22 時点)

ちなみに、こちらは金属製のタダの筒なのだが、こんなのでもエクステンションの効果がある。 序でに、複数の筒が1本に繋がっているので、7通りの倍率での撮影が可能だったりする便利なアイテムだ。……若干、ネジの部分まで塗装がしてあるので、着脱すると塗装がはげるというお粗末な仕様なのは問題だが。

 

で、エクステンションって何?

と、その前にエクステンションって何よ?ってな話からせねばなるまい。

例えば、Canon エクステンションチューブ EF12IIであれば、カメラとレンズの間に挟んで装着し、高倍率の撮影を可能とする。

倍率が上がるので、単純にいつもつけているレンズに挟んで使うと、いつもより被写体が大きく、つまり、近くに見える。結果的に、被写体に寄れる(というか寄らざるを得ない)こととなる。

 

えーっと、誤解を怖れずに言えば、例えばエクステンション無しでカメラを構えた場合と、エクステンション有りでカメラを構えた場合では、同じ位置で同じ距離にある被写体を撮影する際に、被写体が大きく見える、と言う効果があるわけだ。

なお、現実的には、ワーキングディスタンスと呼ばれるレンズ先端から被写体までの距離が短くなるので、被写体による必要は出てくるんだけど。

 

レンズにお金をかけられない身としては、こういうアイテムはありがたい。

 

ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ  

0 件のコメント :

コメントを投稿