2013年6月13日木曜日

侮れない美味しさ!マルちゃん正麺「冷やし中華」はお買い得

我が家で最近ブームになっている袋麺、それがマルちゃん正麺である。

マルちゃん 正麺 塩味 105g×30個

新品価格
¥2,050から
(2013/6/13 時点)

どこかのサイトで見かけたので、試しに買ってみたのだが、これが美味い!マジ、これで袋麺とは!!技術の進歩は侮れない。

 

冷やし中華バージョンがオススメ

3種類ほど食べてみたのだが、一番のススメは冷やし中華バージョンだ。

マルちゃん 正麺 冷やし中華 5P×6個

新品価格
¥1,800から
(2013/6/13 時点)

ご丁寧にもサイトに作り方の動画が上がっている。ナレーターが棒読みなのはご愛敬だ。

その画像から適当な部分を切り出してきたので、ご紹介。

作り方1

基本は、麺を茹でて袋に入ったスープをかけるだけ。スープは冷やし中華っぽく甘酸っぱいスープになっていて、スタンダードな味である。個人的には若干濃いめではある。まあ、可もなく不可もなく、と言ったところなので、好みに合わせて薄めたり、ごま油など混ぜても良いかも知れない。

作り方2

そして、トッピングを載せればできあがりである。

トッピングには錦糸卵やキュウリ、トマト、ハムなどが乗っている。この辺りはお好みに合わせて、と言ったところだろう。

特筆すべきはその麺の絶妙な味わいである。乾麺のはずなのに、生麺の味わいというのが素晴らしい。もちろん、本物の生麺には及ばないのだが、それでもサッポロ一番の麺などと比べれば、格段に生麺っぽい。ラ王もこの手の袋麺を出しているが、勝るとも劣らない仕上がり。まあ、この辺りは好みに寄るのだろうが。

 

ちなみに、僕が冷やし中華をオススメするのは、季節柄、というのと、失敗が少なそうだから、という理由によるものだ。

 

他の醤油味味噌味塩味も試してみたのだが、スープは何れもごく平凡な感じ。麺はゆで時間を少し短くするとより生麺っぽい感じになる。

そして、従来のような一緒に袋ラーメンの麺と具を一緒に作るようなやり方はダメだと思う。麺を2分半程茹で、別の鍋に具を茹でて付属のスープで下味を付け、どんぶりで麺と一緒にする、みたいな感じが宜しいのかと。

もちろん、好み次第なのだが、説明書にある作り方では美味しく感じなかった方は、是非別茹でを試して見て欲しい。

 

そして、そうした失敗が発生することのない冷やし中華はまさにお勧め、と言うわけだ。

ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ  

0 件のコメント :

コメントを投稿