2013年5月28日火曜日

ホームスマートフォンVS-HSP200Sが中途半端に便利そう

多分、携帯電話やスマートフォンをお持ちのユーザーは、固定電話の存在意義について疑問を持っている人が多いと思う。
新品価格
¥25,840から
(2013/5/28 時点)
その意味では、一つの答えになり得る電話ではないだろうか?
固定電話の利点
ハッキリ言って、現状、これだけ携帯電話が普及しスマホが増えてきている状況で、固定電話を家に備え付けるメリットは無い等しい。
この辺りは既に「家を建てるときに固定電話に加入する価値はあるの?」で言及している。

結論から言えば、付加価値が無ければ意味なし!メリットすらねぇ!

で、付加価値としてFAX機能などが付いてくるわけだけれども、これも一昔前の話。
今は割とメールでやり取りするだけで事足りる。そう考えると、本当に固定電話の存在意義が薄くなる。敢えて言うなら、回線がパンクしづらい事だろうか。

正月なんぞ、あけおめメールで携帯の回線は繋がりにくくなりがちだが、この辺りは固定電話の方が強いだろう。

VS-HSP200SとAndroid
で、固定電話で不便に思うことの1つがアドレスを入力するのが面倒だと言うことである。
これを解決するのが、Androidとの連携でGoogleの電話帳と連携だ。VS-HSP200Sではそれが可能となっている。

VS-HSP200Sはタブレット端末と電話端末、そして本体、という構成になっているようだ。
Google電話帳と連携するためには無線LANが必要なようだが、……というかVS-HSP200S寧ろ無線LANのアクセスポイントとしての機能も内蔵しろよ!と(苦笑
とにかく、アプリをインストールするにも、無線LANは必須だと言える。

FAXを送受信する場合にもVS-HSP200Sは使えるようなので、 Android2.3を搭載していることに意味はあるように感じる。無線LANとの連携をとってプリンターで出力、ってことも出来る様だ。
テレビ電話としても使えるようで、色々と面白い機能が満載である。

オモチャとしては面白そう
そんなわけで、VS-HSP200Sの使い道は色々ありそうなのだが、Android2.3搭載ということで、Tabletとしてはヘボいし、重量もそれなりにある。
そして、そもそもAndroidが中途半端なOSなので、イマイチ付加価値としての有り難みが感じられないというか。

だが、タブレットはタブレットとして持っていて、固定電話にプラスアルファ、ってな感じの立ち位置なら、連携させるなり、VS-HSP200Sの存在意義はありそうな気がする。

今後はこうしたAndroidなどのOSが家電製品に組み込まれてくるケースも増えてくるだろう。存在価値を失いつつある固定電話としては、こうした方向への発想の転換が必要なのかも知れない。尤も、メーカーはアプリ込みで開発すべきで、多機能化にあたって有償(安価)で提供するなんて道を模索しないと、ただのオモチャで終わりそうな予感だ。

ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ

0 件のコメント :

コメントを投稿