2013年5月30日木曜日

期待のFirefox OSが日本初公開

おお、ついに来たか。

Firefox OSが日本初公開! 日本語IMEや未発表端末も参考出展

マイナビニュース5月30日(木)10時21分

画像:Firefox OSが日本初公開! 日本語IMEや未発表端末も参考出展

5月29日より無線通信に関する技術展示会、ワイヤレスジャパン 2013(主催:リックテレコム)が開催されている。Mozilla Japanは同展示会で、モバイルOSプラットフォームである「Firefox OS」を日本で初披露した。

http://news.biglobe.ne.jp/it/0530/mnn_130530_1155720932.html

アプリがHTML5で記述できる、ってのが凄いね。

一方で、Firefox OSでは、Mozillaがマーケットプレイスと呼ばれるアプリ配信サイトを用意するものの、必ずしも同サイトを通す必要が無いという。メーカーや通信事業者が、ダイレクトにユーザーの端末へアプリケーションを提供できるようになることで、ロイヤリティの向上や、課金体系に関しても自由に枠組みを作ることができるとしている。
Firefox OSの賛同パートナーは、通信事業者が18社、メーカーが5社(2013年2月時点)となる。日本ではKDDIとソニーモバイルコミュニケーションズがパートナーとなっており、「国内でも、来年の中頃までにはキャリアから何らかの動きがあるのではないか?」(説明員)という。

色々出来る、った辺りは歓迎したいところだけれど、アプリの信頼性と言うヤツを考えると少々不安だ。

HTML5は敷居が低いがために、ウイルスも作り易いだろうし、PCからの感染ということも十分に考えられる。

 

ただ、最新のAndroid端末と比較してしまうと、まだ開発途上ということもあり、レスポンスが見劣りしてしまう。現在、携帯電話販売は、割賦を組むことで店頭で支払う端末代金を抑える方法を採用しているため、端末代金が見えにくい状況にある。そのため、パフォーマンスが劣るものの、端末価格を抑えることができるというアプローチでTizenやFirefox OSを搭載した端末がユーザーに歓迎されるかは未知数だ。

売れるかどうかは今後次第、という感じのようだな。

 

ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ

0 件のコメント :

コメントを投稿