そろそろOSの新調を

Windows XPのサポートが終了するとアナウンスされて久しいが、2014年までに色々準備をしておかないと。

残すところあと1年 Windows XPとOffice 2003のサポートが2014年4月に終了 【デジ通】

ITライフハック4月8日(月)9時0分
画像:残すところあと1年 Windows XPとOffice 2003のサポートが2014年4月に終了 【デジ通】
マイクロソフトのWindows XPとOffice 2003のサポートが1年後の2014年4月8日に終了する。Windows XPは2001年10月に発売、Office 2003は2003年9月に発売されたため、どちらも発売から10年以上サポートが続いたことになる。特にWindows XPは、サポート期間を延長せざるを得なかった経緯などもあった。サポートが終了すると、かなりの混乱が起きるのではと言われている。
http://news.biglobe.ne.jp/it/0408/hac_130408_8107952740.html


マイクロソフト側の都合とは言え、延々とサポートを続ける訳にもいかないという事情は分かる。イイカゲン、家のパソコンも更新しないと。


で、そもそもマイクロソフトのサポートとは一体何なのか?
■マイクロソフトのサポート内容
 マイクロソフトのサポートは製品販売から最短5年の「メインストリームサポート」と、それが終了した後の最短5年の「延長サポート」がある。2001年に販売されたWindows XPは、2006年にメインストリームサポートが終了するはずだった。
 しかし、後継製品であるWindows Vistaの開発が遅れに遅れてしまい2006年を通り越し2007年1月に発売されたことから、メインストリームサポートが2009年4月までずれ込んでしまっていた。この5年後の2014年4月が延長サポートの期限となる。
 メインストリームサポートでは、ユーザーからの問い合わせの対応や、プログラムの修正、サービスパックの提供などがされるが、その後の延長サポートでは有償での問い合わせ対応、プログラムの修正のみが提供される。
 延長サポート終了後は、無償有償を問わずマイクロソフトによる問い合わせ対応などが一切なくなり、よほどのことがない限り、プログラムの修正なども行われない。
簡単に言うと、OSのプログラム修正やウイルス対策を行うためのパッチ(アップデート)が行われなくなる、と言う話だ。
 
こうしたアップデートがされなくてもOSを使用することは可能ではあるが、OSの脆弱性は相対的に上がってしまうので、結果的に危険な状況でOSを使い続ける結果となる。
 
当然ながら、サポートが終了してもWindows XPもOffice 2003も使うことはできる。ただし、バグやぜい弱性が発見されたとしてもアップデートは行われないため外部からの攻撃に無防備になってしまうため、セキュリティ対策は自己責任となってしまう。完全に無防備になったOSを使い続けるというのは、非常に危険だ。ここ1年でWindows 7かWindows 8への乗り換えを検討したほうがいいだろう。
無論、Window XPのユーザーが減る事によって、Windows XPを狙ったウイルスが散布される可能性は減る。
だから、使い続けて支障が出る確率はあるが、絶対ダメ、と言うことではないだろう。
 
だが、こうした乗り換え時期を狙った攻撃もあり得るので、安全であるとはとても言えない。
 
また、OSのサポートが終了すれば、新たに作られるソフトウェアも対応しなくなる可能性が高い。
 
古いパソコンを使い続けるのは難しくなるが、ネットに繋いでの使用を前提としているのであれば、来年の3月までにはWindows7かWindows8に乗り換えるべきだと思う。
新品価格
¥8,945から
(2013/4/8 時点)


ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ











コメント





このブログの人気の投稿

ハンドブレンダーをオススメ

エーハイム2213、呼び水でホースを口で吸うのが嫌な人の為に