気になるFireFoxOS

スマホのOSといえば、「Android」に「iOS」が主流。この二つでシェア9割を締めていると言うから恐ろしい。
が、今後、「FireFoxOS」と「Tizen」という2つのOSが新たに出てくる予定となっている。

Tizen、Firefox OS──スマホOS第3極、2強の勢力図を塗り替えるか

スマートフォン(高機能携帯電話)用の新たな基本ソフト(OS)「TIZEN(タイゼン)」がシェア20%獲得に向けて活動を本格化する。OS開発企業には今月中にも世界最大の通信機器メーカー、中国ファーウェイが加わり、米インテル、韓国サムスンとともに主導する。日本企業では、NECと富士通も来年後半に対応端末を投入する。米グーグルの「アンドロイド」とアップルの「iOS」で9割以上を占めるスマホ用OS市場の勢力図を塗り替える可能性も出てきた。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1303/13/news037.html
だが、ハッキリ言って、Tizenには興味がない。サムスンが主導している時点で、僕が選ぶ可能性はまずない。



では、FireFoxOSの方はどうか?

第600回:Firefox OS とは

(2013/2/12 12:13)
 「Firefox OS」は、Mozillaが開発しているモバイル端末向けOSです。2011年から開発がスタートし、当初は「Boot to Gecko」という名前でした。
 「Firefox」といえば、Mozillaが開発したPC用のブラウザの名前として知られていますが、「Firefox OS」も、Mozillaが開発を進めているブラウザの技術をベースとしたモバイル向けOSとなっています。
http://k-tai.impress.co.jp/docs/column/keyword/20130212_587308.html


こちらもオープンソースで開発されており、世界では既に数社から試験的に販売も成されているようだ。
日本ではKDDIが2014年以降にはなるが、FireFoxOS搭載のスマホを出すことを予定している。
他社はどうなるかはしらないが、docomoはTizenらしいので当面は無理だろう。ソフトバンクは……、どうでも良いな(笑

FireFoxOSの場合、Androidよりも構成がシンプルになるので、非力なCPUでもそこそこ快適に動作させることが可能なようだ。更に、これは省電力であることも意味するので、結果的にバッテリーも長持ちさせることも可能だ。
つまり、廉価版を作るには適したOSと言えるわけで、今後の展開に期待したい。
ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ

コメント





このブログの人気の投稿

ハンドブレンダーをオススメ

エーハイム2213、呼び水でホースを口で吸うのが嫌な人の為に