レンズ沼の入り口[EF50mm F1.8II単焦点レンズ]

我が家にはキヤノンの一眼レフ入門機kiss X2がある。

一眼レフ、っていうと、レンズ交換の出来る高いカメラ、という大雑把な説明で申し訳ないが、そんな感じのカメラである。

Canon EFレンズ EF50mm F1.8 II 単焦点レンズ 標準

新品価格
¥8,260から
(2013/4/15 時点)

イマドキは携帯電話のカメラも優秀になってきている。だが、綺麗な写真を撮りたい!ということを考えると、どうしてもこの手の一眼レフには敵わない。

オススメ入門レンズ EF50mm F1.8 II

単焦点レンズの入門という位置づけのこのEF50mmレンズ、流石に安物だけあってボディはプラスチックだし、作りも少々甘い部分もあるようだ。

僕はカメラに関しては素人同然であるので、あまり蘊蓄を語る事は出来ないけど、このFE50mm F1.8 IIを使った衝撃は今でも忘れない。

どうせお金を出すなら、EF50mmF1.4USM辺りに手を出すべきだという意見もあるが、しかし、なんと言っても1万円を切る価格に130gという軽量ボディは非常に魅力的だ。そして、同時にレンズ沼に嵌る切っ掛けにもなる危険なレンズでもある。

F値 1.8

F値(エフチ)とは、レンズの焦点距離を有効口径で割った値で、レンズの明るさを表す指標である。

大雑把に言えば、この値が小さければ小さいほど明るい写真が撮れる。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X6i ダブルズームキット KISSX6i-WKIT

新品価格
¥74,519から
(2013/4/15 10:58時点)

例えば、このX6iのダブルズームキットに付いてくるレンズは、「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II」や「EF-S 55-250mm F4-5.6 IS II」である。

F値は√2倍になる事に明るさは半分になる関係にあるので、FE50mm F1.8 IIであれば、キットで付いてくるレンズの倍以上の明るさの絵が撮れると言うことになる。EF50mmF1.4USMで4万円弱、EF50mmF1.2LUSMともなれば14万円弱と、F値が上がる事にコストアップすることを考えると(もちろん、他の性能も上がっているのだが)、FE50mm F1.8 IIはかなりお買い得の一品である。

簡単に言えば室内でもフラッシュをたかないで明るい絵が撮り易くなるってことだな。

次の一歩、EF40mm F2.8 STM

FE50mm F1.8 IIの次の一歩は、こいつだ。

Canon EF40mm F2.8 STM [EF4028STM]

新品価格
¥17,820から
(2013/4/15 11:16時点)

40mmでF2.8なのに、倍以上のお値段が設定されている理由は、厚みが22.8mmという超薄型レンズであるからだ。

最短撮影距離が0.3mと言うのも嬉しい。FE50mm F1.8 IIの最短撮影距離は0.45mなので、より被写体に寄れるレンズだということ。

たかだか15cmの差ではあるのだが、この差はかなり大きい。EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS IIで最短撮影距離0.25mなので、ダブルズームキットをお持ちの方ならば、どの程度まで寄れるのかは理解しやすいだろう。

レンズが小さく軽い、っていうのは、カメラの取り回しがし易くなったりと、良いことも多い。

オススメレンズだ。

……こいつには未だ手が出せていないけどorz

ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ

コメント





このブログの人気の投稿

ハンドブレンダーをオススメ

エーハイム2213、呼び水でホースを口で吸うのが嫌な人の為に