簡単なパソコンの説明って意外に難しい

僕は、働いている会社の社内で、PC関連の質問を受けることの多い立場になって居るのだが、「もーちょっと、パソコンについて理解してくれてもいいんじゃない?」と、思うこともシバシバある。
新品価格
¥1,344から
(2013/4/7 時点)

パソコン入門書が世の中に次々と出る状況なのだから、きっと需要はあるのだろうな、と思いつつ、「本を買ってまで勉強する気はないけれど、もうちょっとスキルを磨きたい」と考えている人向けに、何とか説明会を開いて知識を増やして欲しい、と、最近は切に願うシーンも多々ある。今日はそんなお話なのだが、最初はほぼ愚痴である(汗


そもそも、彼等、というか彼女達は、通常業務においてパソコンに関する知識で困ることは余り無い様なのだ。問題は、トラブルが発生したときに同対処して良いか分からない点だろう。
この手の話は、入門書にはほとんど記載が無い。

そして、大抵の場合は、ちょっと考えればなんとかなるケースが殆んどなのだが……。

例えば、 「システムからなにかエラーメッセージが出ています!」とか、仕事中に言われるケースも少なくない。そりゃ、メッセージも出るだろうさ、とは思うのだが、エラーメッセージを読んで対応する、ってなことはあまり考えない様である。

ただ、パソコンに関する概念的な構造を理解しておけば、ある程度のことには対応できる事もまた事実。

その辺りについて、今後、ちょっとシリーズ化していきたいと思う。まあ、ここで書いた上で、内容を整理して社内にも布教しようかな?という感じ。
役に立つ内容になるかどうかは……、未定である(苦笑

ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ

コメント





このブログの人気の投稿

ハンドブレンダーをオススメ

エーハイム2213、呼び水でホースを口で吸うのが嫌な人の為に