2013年4月12日金曜日

ランドセル置き場をつくろう

小学生になる娘のランドセル置き場、決まった場所に置けるようにしてあげると、自分できちんとしまってくれる。

ソフト素材ランドセルラック≪randyランディー≫(オレンジ)

新品価格
¥14,739から
(2013/4/12 時点)

我が家は結局カラーボックスで代用しているのだが、本来ならばきちんとしたものを用意してあげたほうが良い気がする。

片付ける事を習慣に

子供にとって、使ったものをそのまま放置する事のほうが楽である。

が、決まった場所に決まったルールで置くことを覚えさせれば、登校するときに「アレがない」「これがない」と騒がないで済む。それに、将来、本人のためにもなるだろう。

そういう意味では、最低限ランドセルが置ける場所と、教科書を出して置ける場所を作ってあげる必要がある。

あとは、学校で使う道具箱のようなものも、置けることが好ましい。

 

設置場所を考えよう

我が家にも子供部屋はあるのだが、長女の場合、子供部屋で勉強するなり遊ぶなりすることはめったにない。大抵はリビングで用をすませるし勉強もダイニングのテーブルですることが多い。

 

故に、ランドセルや教科書の置き場所も、キッチンやダイニングの近くに置くことが好ましいと思う。まあ、キッチンに置くと、油汚れとかが飛ぶ原因にもなるので、その手のことは気にしてあげたい。が、親が気がついたときに、子供の学校へいく準備が終わっているかどうかを確認できることは重要なことだと思う。

 

我が家もダイニングにランドセルの置き場所が作ってあるのだが……、もう少し機能的になったらなぁと、いつも思う。専用の棚を買ったら解決するんだろうか??

親子でチェック!時間割ラック

新品価格
¥6,800から
(2013/4/12 時点)

こんなのがあれば、結構いいかなーと思っているのだが。


ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ

0 件のコメント :

コメントを投稿