PV激減を切っ掛けに、このブログのレイアウトを考え直して見た

前回のいきなりブログのPV数が激減の時期以降、色々と調べてみたのだが、結局原因については検索エンジン側の要因だろう、位しか想像がつかなかった。


今回のPV激減は、どうやら検索エンジン側の要因が大きい様だ。が、検索エンジン側の問題となると、当ブログで打つ手はないのか?と凹むこと著しい。だが、陰鬱になる前に、もう少しやれることをやっておきたいと思う。

ブログレイアウトについて
過去の記事を読み返す
取りあえず、このブログでも過去にレイアウトについて集中的に考えていた時期があった。
総じて初歩的なCSSの変更し、記事の読み易さについて重点を置いていた変更であったと言って良い。
そして、サイトマップを追加して、読み易さの改善を……と思ったのだが、最近はマメに更新していないなorz
後は、関連記事リストである。
このように、このブログでもユーザーが読み易いようにを心掛けたレイアウト変更をしてきたつもりだ。
が、主観的な読み易さだけでは、客観的に読み易いのか?という点までは評価しにくい。その辺りは今後の課題でもある。

広告について調整する
さて、見易さを心掛ける一方で、アフィリエイトを主体としたブログなので、収益アップにも心を砕かねばならない。

つまり、広告を掲載するということだ。当ブログでは広告媒体として、A8ネットと、忍者AdMax、そして、殆ど活用していないがLinlShareを利用している。

ところが、広告が多すぎるサイトというのはかなり読み辛い。広告過多では、ブログの読み易さを損ないかねないし、何より、googleにペナルティを受ける可能性がある。

Googleが新年早々アルゴリズム更新、広告過多なページにペナルティ明言で何が変わる?

こちらのサイトで詳しい内容が書かれているので、一読されたいが、簡単に言うと、上部に広告を満載するスタイルはNGですよ、という話なのだ。

では、どうしたらよいのか?browsersizeというサイトで、自分のサイトがどのように把握されるのか?ということを知ることが出来る。
使い方は、自分のブログのURLを入れてGoを押すだけで良いので、簡単だ。
ブログ
あらま、ヘッダ領域が大きいせいで、色々とアンバランスな感じ。
無論、これが絶対正しいとも限らない訳だが、参考にはなりそうだ。

被リンク数を増やす
検索エンジンだけに頼らないPVを獲得する
そもそも、今回の問題は検索エンジンだけに頼りっきり、というこのブログの体質に起因している。
無論、まだまだ駆け出しなので、小遣い稼ぎのレベルにすら至っていないのは事実だが、それでも、いきなりハシゴを外されるのは痛い。
ランキングからのPV
現状で、検索エンジン以外の所からのリンクは、人気ブログランキングとブログ村からのリンクが多い。

上記の記事で、その効果について触れているが、現状で一定の効果は得られているようだ。

多い、と言っても検索エンジンからのリンクに比べたらかなり比率は低いのも事実なので、あくまで補助的な位置づけになる。が、ランキングが高くなれば、リンクで飛んでくる数も多くなる可能性が高くなるわけで、大切にしたいところだ。

 

ランキングを上げる為には、記事の質を上げる必要がある。しかし、こればっかりは一朝一夕で何とかなるものでもない。地道な努力が必要だろう。

 

FeedbunerによるPV

Googleのサービスで、feedburnerというRSSリンクがある。僕のブログには幸いなことにここからも訪問して貰っている。

数が多いわけではないが、直帰率は少ない。購読していただいている、ということのようだ。

 

ただ、ここからのPVを増やす方法は、今のところ思いつかない。やはり、記事の質の向上と、読んで貰えるような魅力的なタイトル、と言うことなんだろうか。

 

ZenbackからのPV

このブログにはZenbackからもリンクされて購読してくれるそうが居るようだ。

上記の記事で導入の経緯について説明している。

今まであまり活用してこなかったが、記事内に、関連記事のリンクが張って貰えるのは割と嬉しい。

ここに表示されるリンクから僅かだがPVを稼げているようである。

こちらも、タイトルの効果は大きい様に思う。何しろ、タイトルしか表示されないのだから。

 

コメントによるリンク
このブログで一番疎かにしているのが、コメントに関するリンクだ。何しろ、コメントを許可していなかったのだから。
しかし、懇意にしているサイトが出来れば、被リンク数は増えるし、集客能力の高いサイトにリンクして貰えばPVを増やす事が期待出来る。
コメントを書くときと、それを読むとき、2回のPVが稼げる訳だから、PVが増える理屈としては分かりやすい。

とはいえ、スパムが増えるという弊害もある訳なので、この辺りはさじ加減は難しい。
コメント解禁……、やってみるか。


今後も手直しは、適宜やっていきたいと思う。

ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ

コメント





このブログの人気の投稿

ハンドブレンダーをオススメ

エーハイム2213、呼び水でホースを口で吸うのが嫌な人の為に