甥への進学祝いに

僕には今年の春、中学生になる甥が居るのだが、進学祝いって何が良いんだろう?と、ふと考え込んでしまった。

ありきたりのものではつまらないしなー。

日本製 本革 二つ折りパスケース プリズム(角シボ型押し牛革) ブラック

新品価格
¥2,940から
(2013/3/28 時点)

とまあ、本日はいつもと違うスタイルの雑感的な話。


そもそも、進学祝いってどういうタイミングでどんなものを?というところがなかなかピンと来ない。

一応、親しい間柄の人物が進学した場合に、というのが一般的であり、甥や姪に進学祝い、というのはまあ、一般的な話だろう。

 

日本においては、ある程度常識的な範囲での贈答品の授受は習慣化されているので、常識の範囲内で行動したいものである。

 

で、その額や品物についてなんだが……。

 

進学祝いの金額について

ずばりこんな感じ!という決まりはないのだが、何となくこれくらい、というのは「一般的な相場」として覚えておいて損はない。

  親、祖父母
小学校進学 3,000程度
中学進学 5,000程度
高校進学 8,000程度
大学進学 10,000程度
とまあ、こんな感じで、親や祖父母が子や孫に進学祝いを送る場合には、この程度が相場だと言われており、友人知人であれば、この半額程度までで問題ないと、そんな感じである。

ただ、この話は諸説あるので、あくまで目安程度に考えるのが良いだろう。

金銭的余裕があれば多めに包んでも良いだろうし。

渡すものについて

一般的には、図書カードとか文具、鞄などが良いそうである。通学に使えるものを中心に考えると良いらしい。

無論、お金や金券を渡す方が、用途は自由になるのだが、物を贈った方が、良い場合もある。

で、僕の甥の場合なのだが……、パスケースを贈ろうかと考えている。

 

ポーター(porter)・フリースタイル・パスケース (ブラック)

新品価格
¥3,465から
(2013/3/28 時点)

まあ、贈りたい物、というか寧ろ僕が欲しい物に近いのだが、パス消すなどは自分でわざわざ購入するまでもない感じであり、図書カードなら別口で手に入るだろうから、と言うのが僕の考えである。

 

通学に使える物、と言う意味でも、こうしたプレゼントはアリではないのかな?と、勝手に考えている訳だ。

ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ

コメント





このブログの人気の投稿

ハンドブレンダーをオススメ

エーハイム2213、呼び水でホースを口で吸うのが嫌な人の為に