Googleの次世代Chromebookが発売される

ふーん、グーグルもアップルの後を追っている、ってな感じだろうか。

米Google、高解像度・タッチ対応の次世代Chromebook「Pixel」発売

マイナビニュース2月22日(金)8時34分

画像:米Google、高解像度・タッチ対応の次世代Chromebook「Pixel」発売

米Googleは2月21日(現地時間)、マルチタッチ対応の高解像度ディスプレイを備えたChromebook「Pixel」を米国と英国で発売した。
Googleが自ら手がけたChromebookを提供するのは開発者向けプロトタイプの「CR-48」以来。
「Chromebookを次世代に導くために最良のハードウエア、ソフトウエア、デザインを組み合わせたノートブック」としている。

http://news.biglobe.ne.jp/it/0222/mnn_130222_8464359003.html

発売は米国と英国のようだが、日本でもそのうちに売るのだろうか?

タッチパッドもガラスでカバーされており、スムースにスクロールやマルチタッチ操作を行える。
タッチパッドは全体がボタンになっている。
筐体には陽極酸化処理したアルミニウムを採用した。

いかにも、というデザインだが、使い勝手が気になるところ。

なお、Chromebook は、Linux ベースの Chrome OS を採用し、Web ブラウザ「Chrome」の利用に特化したパソコン。ほとんどの機能を Web アプリケーションで実現するため、無線 LAN(Wi-Fi)や携帯電話ネットワーク経由でクラウド環境に接続して使うことが前提となる。機能を絞ったシンプルな構成であるため、起動や休止状態への移行に時間がかからないという。「Gmail」「Google Docs」などの Web アプリケーションを利用するため、インストールやアップデートといった作業が必要なく、常に最新のセキュリティ修正済みソフトウェアで作業できる。データはクラウド環境の「Google Drive」に保存するので、Chromebook 本体をなくしても失われることがない。

http://news.biglobe.ne.jp/it/0222/inc_130222_2616768041.html

この辺りがポイントだろうか。

グーグル自身がハードに手を出したとあって、どうなるかは気になるところだが、サムスンやAcer、Lenovo辺りに作らせるのではなく、自分で手を出したところに意気込みが感じられる。

 

ま、暫くは日本では買えないのだし、様子見ですな。

ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ

コメント





このブログの人気の投稿

ハンドブレンダーをオススメ

エーハイム2213、呼び水でホースを口で吸うのが嫌な人の為に