TESCOMのドライヤー

イオンドライヤーなど効果があるかどうかも怪しいと思っていたが、まあまあ使い勝手は良いようだ。

TESCOM ione マイナスイオンカールドライヤー シルキーゴールド TIC833-N

新品価格
¥3,063から
(2012/12/18 14:22時点)

いや、先代の妻のドライヤー、壊しちゃったんだよね(汗

TESCOMのイオンドライヤー

中心、周囲の計4ヶ所からマイナスイオンを発生させるトライアングルマイナスイオン方式。たっぷりイオンを風にのせて放出し、熱による減少に負けず髪全体にマイナスイオンを行き渡らせる独自の放出方式。

だそうですよ(笑)

ちょっと商品とは関係ないんだけれど、効果についての言及をしておこう。そもそも、マイナスイオンというのは科学的ではない。いや、英語ですらない和製英語だ。

似非科学のマイナスイオン

一応、空気中の水分に電荷を与えて、静電気を除去するという工業技術は存在する。実際に静電気の発生は抑えられるので、技術的、科学的裏付けもあると思われる。

だが、未だに家電製品業界を席巻している「マイナスイオン」は何の科学的裏付けもない。

 

ついでに、景品表示法改正によって、取り締まりが強化された。商品の表示に対しては合理的な根拠が要求されるのである。

よって、ドライヤー業界には未だにはびこっているマイナスイオンドライヤーは、名前だけでマイナスイオン等という話はイメージの問題で、マイナスイオンなど存在しないのだ。

ドライヤーの効果

じゃあ、「髪がまとまりやすい」という効果が気のせいか?というと、そんなこともない。

上でちょこっと書いたが、除電気、静電気除去というのは技術的に存在するのである。

髪の毛を梳く際に、静電気が発生すると他の髪の毛にひっついたりと、上手く梳かすことが出来ない。ドライヤーは髪の毛の水分を飛ばしながら髪の毛を乾かすものなので、静電気は発生しやすい環境にある。

だが、除電しながら髪の毛を梳かせば、静電気の影響を受けにくくなり、髪が纏まり、梳かしやすいという効果が得られる訳だ。

コストパフォーマンスは良い

プラズマクラスター(笑)やマイナスイオン(笑)を利用したドライヤーの大御所と言えば、パナソニックである。

が、1万円以上の商品が多いだけに、なかなか手が出ない。

 

まあ、最近は価格が下がってくる傾向にあるようで、TESCOMのドライヤーも以前は1万円以上の価格で販売されていたように思う。技術の進歩のおかげなのか、それとも別の理由なのか。

 

商品の感想

まあ、理屈や能書きはともかく、良い商品ではあると思う。

妻がメインで使ってはいるのだが、僕も時々寝癖を直すのに使わせて貰う。使ってみて、髪の毛はまとまりやすい感じだし、乾かす機能も十分だと感じる。

朝の忙しい時間に、「髪の毛が-!」とかいう事態を招かないだけでも、お値段以上のメリットはあるように思う。

TESCOM ione naturam マイナスイオンカールドライヤー TIC290-P ピンク

新品価格
¥1,345から
(2012/12/18 15:15時点)

是非、使ってみて欲しい。

ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ

コメント





このブログの人気の投稿

ハンドブレンダーをオススメ

エーハイム2213、呼び水でホースを口で吸うのが嫌な人の為に