Nexus7で外部記憶装置を利用する

既に割と有名になっている手法なのだが、メモ程度に紹介しておこう。

Nexus7では内蔵メモリが16GBとか32GBとかのラインナップが用意されているが、当然、足りない人も居るだろう。

ソニー Sシリーズ用USBアダプターケーブル(USBマイクロA-USB標準Aメス) SGPUC1

新品価格
¥899から
(2012/12/3時点)

そんな場合は、USBマイクロアダプタに接続してUSBメモリを接続することで、記憶容量を底上げすることが出来る。他にも色々手段はあるようだが。

USBメモリを利用する

先ずは、Nexus7に用意されるUSBマイクロアダプタに接続する媒体を用意する必要がある。

接続用のアイテムを手に入れる

nexus7-27

Nexus7には、こんな感じのマイクロUSBポートが用意されている。

一方のUSBメモリはこんな形をしていて、当然、普通には刺さらない。

シリコンパワー USBフラッシュメモリー 【ドラゴンクエストX動作確認済】 32GB ブラック 永久保証 SP032GBUF2M01V1K

新品価格
¥1,348から
(2012/12/3 時点)

そんなわけで、接続用のアイテムが必要となる。

ELECOM USBHUB2.0 スマホ・タブレット用 microUSBケーブル セルフパワー 4ポート ブラック U2HS-MB01-4SBK

新品価格
¥1,230から
(2012/12/3 時点)

こんなのでもコンパクトで使えるが、もっとコンパクトなのもある。

ELECOM Micro-USB(Aメス-MicroA)アダプタ 延長 0.15m ブラック MPA-EMA015BK

新品価格
¥580から
(2012/12/3 時点)

色々なタイプがあるので、USB Aメス - MicroAという変換が出来る奴を探そう。

アプリのインストール

実は、Nexus7はアプリを入れないと、外部の記憶装置を参照しにいけない。だから、USBメモリを使う場合には、専用のアプリが必要となる。

現在知られているのは、有料だが「Nexus Media Inporter」と言うアプリを入れる方法だ。

他にroot化することでもUSBメモリにデータの保存が出来るようにはなるようだが、割と面倒な手法が必要(root化アプリもあるらしいが)な他、メーカー補償が受けられなくなる等の問題もあるので、ここでは紹介しない。

ああ、アプリのインストール方法も、Nexus7が手元に無いので紹介は出来ないんだが(苦笑

ワイヤレスで利用する

Wi-Fiを利用出来る点を使ってデータ容量を増やす方法もある。

AirStashを使う

クラウド云々という話ではないのだが、Wi-Fiを使えば外部の記憶装置にあるデータの呼び出しが可能となる。

maxell AirStash Wi-Fi SDメモリーカードリーダー MAS-A02

新品価格
¥6,903から
(2012/12/3 時点)

このAirStashという商品は、Wi-Fiを使ってSDカードの中身にアクセすることが可能となる。

 

 

 

 

 

 

このような使用イメージなのだ。

小型なのでポケットなどに入れておけば良いし、SDメモリカードは32GBで2000円程度で買えるので、容量はSDメモリカードの枚数に比例して増えて行くことになる。

Wi-Fi対応HDDを使う

後は、Wi-Fi対応のハードディスクを使うという事も考えられる。

BUFFALO ミニステーション Wi-Fi&USB3.0用 ポータブルHDD 500GB HDW-P500U3

新品価格
¥15,380から
(2012/12/3 時点)

少々お値段は高いが、USB3.0にも対応するこの製品、掌サイズなので持ち運びも容易だ。

 

 

 

 

ただ、ハードディスクは機構的に衝撃に弱い構造ではあるので、持ち歩くのが良いか?といわれると、何とも言えない。

 

まあ、このような手法を使えば、Nexus7の容量をあまり気にしなくても色々データを保存できるようになるので便利である。

尤も、SDメモリカードにしてもUSBメモリにしても、紛失や破損の可能性はあるのだが、データ容量を増やせる点は有り難い。

本体が来たら、試してみたいと思う。

 

ランキングへの応援クリックよろしく!

コメント





このブログの人気の投稿

ハンドブレンダーをオススメ

エーハイム2213、呼び水でホースを口で吸うのが嫌な人の為に