自転車通勤の手袋

冬の自転車通勤は辛い。

特に、雨の日は辛い。そんなときのための手袋を。

おたふく手袋 防水防寒手袋 ホットエースプロ(マジックタイプ) LL HA-323

新品価格
¥1,369から
(2012/12/12 時点)

えっと、スキーグローブとかという選択肢もあるにはある。が、防寒や防水性能はともかく、操作性が犠牲になる。出来れば、自転車専門の手袋を選びたいところだが。

どんな手袋が良いのか

本来、雨が降ったら自転車には乗るべきではない。

だがしかし、自転車を通勤用に使っていると、出勤時に雨が降っていなくても帰りに降られてしまうと言うことはあり得る。

自転車は指を使ってブレーキを掛ける関係上、冬季の防寒は非常に大切だが、雨に濡れると最悪なのだ。

故に、

  • そこその防寒性能がある
  • 防水性能がある

この辺りはどうしても外せない。

だとすると、第一候補はゴアテックス、ということになる。

ゴアテックスって何?

正式にはGORE-TEXというアメリカのWLゴア&アソシエイツ社が製造販売する防水透湿性素材のことを指す。

防水機能がある上に湿度を通してくれるので蒸れないという優れものだ。

だが、高い。

なんというか、ゴアテックス製品はレインコートからブーツなどの靴類に至るまで様々なものがあり、医療分野なんかにも使われている。

ラフ&ロード ゴアテックス/GORE-TEX レイングローブ シールドワイパー付 ブラック L RR8903

新品価格
¥6,098から
(2012/12/12 17:19時点)

これはラフ&ロードというバイク用の商品を作っているメーカーで、手袋もバイク用だ(笑

無論、自転車なんかよりも高速で走るバイク用なので、当然自転車にももってこい……なのだが、ちょっと高いのとかさばるのが玉に瑕だ。

それと、この手袋は僕もバイクに乗っている時代に使っていたのだが、過信しすぎるのは禁物だ。縫い目から水分が侵入してくる。

 

クロロプレーン製の商品

お次に紹介するのがクロロプレーン製の商品。

クロロプレーンというのは、ウェットスーツ用に使われるこちらもアメリカのデュポン社が開発した素材だ。

ラフ&ロード 簡単装着 完全防水 イージーレイングローブ クロロプレングローブ ブラック L RR8905

新品価格
¥3,590から
(2012/12/12 時点)

こちらもラフ&ロードの製品で申し訳ないのだが、クロロプレーン製の商品となっている。

良い点はフィット感が高いことと、完全防水と謳っているだけのことはあるらしく、評判も上々だ。僕は使ったことがないが。

商品を手に取った感じ、ゴアテックスよりは嵩張らない感じがする。ただ、撥水性能がある、って訳ではないのでご注意を。ウエットスーツを想像して頂ければ分かると思うが。


まあ、ゴアテックスにしてもクロロプレーンにしても、袖口から水が入ってきたら意味はないので、その辺りも工夫が必要だ。

冬の通勤には、是非ともこのような商品を駆使して、暖かく過ごして欲しい。自転車の操縦が出来なくなるほど手が悴んで、緊急時にブレーキが掛けられないのは避けたいからね。

 

ランキングへの応援クリックよろしく!
にほんブログ村 その他生活ブログへ

コメント





このブログの人気の投稿

ハンドブレンダーをオススメ

エーハイム2213、呼び水でホースを口で吸うのが嫌な人の為に